株式会社 BONX が 第 1 回 J-TECH START UP 認定企業に選出!

2016年11月29日

株式会社 BONX(本社:東京都世田谷区、CEO:宮坂貴大 以下、(株)BONX)は、2016 年 11 月22 日、Deep Tech ベンチャーを掘り起こし、世界進出を支援する目的のイベント J-TECH START UP SUMMIT にて、第 1 回 J-TECH START UP 認定企業に選出されました。

新産業創出の根幹となるコア技術で勝負する“Deep Tech”ベンチャー。日本の国際競争力向上のためにはこうした企業の育成が必要であるにもかかわらず、これまで日本ではあまり光が当たってきませんでした。その中で、BONX は、今回、技術をビジネスのコアコンピタンスとした事業でグローバルな成長が期待される日本を代表する技術系ベンチャー企業として認定されました。期待の Deep Tech ベンチャーに選ばれた使命感を持ち、今後ともよりよい製品造りに取り組んで参ります。

また、12 月 7 日(水)には J-TECH START UP SUMMIT にて宮坂によるプレゼンテーション及び、BONX Grip の展示を行います。皆様のご来訪お待ちしております。

 

■第 1 回 J-TECH START UP 認定企業 ※五十音順

オリガミ・イーティーエス合同会社

株式会社オリゴジェン

株式会社クァンタリオン

株式会社 Xiborg

株式会社 Spectee

株式会社チャレナジー

ティエムファクトリ株式会社

株式会社 BONX

 

■J-TECH START UP SUMMIT 概要

開催日:2016 年 12 月 7 日(水)13:00-18:00

場所:ヒューリックホール(浅草橋駅より徒歩 1 分)

アクセス

プログラム(予定): ※登壇企業は後日公開予定

12:00 受付開始

13:00-13:10 【ご挨拶】 國土晋吾(TEP 代表理事)

13:10-14:00 【J-TECH START UP SUMMIT プレゼン(1)】

14:00-14:10 休憩

14:10-15:00 【J-TECH START UP SUMMIT プレゼン(2)】

15:00-15:15 【J-TECH START UP SUMMIT 認定賞授与】

15:15-15:25 休憩

15:25-15:55 【基調講演】 世界が知らない世界をつくれ – マイクロ波化学プロセスの事業化

15:55-16:55 【パネルディスカッション】 「新産業創出のカギは Deep Tech ベンチャーにあり」

モデレーター:狩集浩志(日経テクノロジーオンライン編集長)

パネラー:國土晋吾(TEP 代表理事)、

吉野 巌(マイクロ波化学株式会社 代表取締役社長 CEO)、ほか1名

16:55-18:00 懇親会

※技術系ベンチャー企業の展示ブースもご用意しています

参加費:3000 円(税込)

参加申込:PEATIX サイトから j-tech.peatix.com

共催:TEP(TX アントレプレナーパートナーズ)、日経テクノロジーオンライン

後援:経済産業省関東経済産業局、独立行政法人 中小企業基盤整備機構 関東本部、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(AIST)、株式会社 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)

 

■「J-TECH START UP SUMMIT」創設の趣旨

インターネットを使った SNS や EC サイト、ゲームなど様々なサービスが、人々に多くの利便性や新たな価値を生み出しています。サービス技術は、比較的短期間で製品開発が可能で、日本でも成功例や支援方法が確立されつつあります。一方、それらを支える基幹技術である高速通信やAI エンジン、CPU技術などに代表される Deep Tech(コア技術)は、裏方的で理解が難しく、製品化までに時間と人的リソースが多くかかります。そのため、事業化リスクが高く投資等のサポート体制は十分とは言えません。しかし、基幹技術である Deep Tech なくしてサービス技術は成り立ちません。シリコンバレーでは近年、サービス系技術を提供する会社への集中的な投資から、DeepTech への投資が積極的に行われるようになってきました。日本の先端技術は海外からの注目が高く、2013 年に䛿、外資系グローバル企業によって、日本の大学発ロボティクスベンチャー企業の買収なども行われています。

「J-TECH START UP SUMMIT」は、ハードウェアだけではなく、組み込み型ソフトウェアやクラウド上の処理エンジン、バイオ技術、先端材料、ロボティクスなど、広義の Deep Tech に焦点を当て、その重要性に注目し、Deep Tech ベンチャー企業のサポート体制を確立するために必要なことを議論していきます。第 2 回目となる今年は、「J-TECH START UP SUMMIT」銘柄として 10 社を選出し発表することで、日本の Deep Tech への注目度を上げることを目指します。

BONX Grip が 2016 年JIDA デザインミュージアムセレクションに選定

2016年11月22日

株式会社 BONX(本社:東京都世田谷区、CEO:宮坂貴大 以下、(株)BONX)が製造するアウドドアスポーツ・グループトークテクノロジーBONX Grip は、2016 年 11 月 18 日、公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協(JIDA)主催の「JIDA デザインミュージアムセレクション vol.18」の選定商品となりました。

「JIDA デザインミュージアムセレクション」は、ミュージアムコレクション充実のための事業として1998 年に開始され、その時代、特に収蔵しておきたいデザイン性の高い商品を選定し、「JIDA デザインミュージアムセレクション」として発表・展示・記録を行っています。2016 年度は 47 製品が選定され、BONX がその中の一つとして選ばれました。今後は長野県長野市信州新町にある JIDAデザインミュージアムにて展示・保管される予定です。当社では今回の受賞を契機に、デザインの観点から優れたものづくりに真摯に取り組んでまいります。

 

<受賞概要>

◆製品名称:アウトドアスポーツ・グループトークテクノロジー BONX

◆製品概要:

アウトドアアクティビティや現場作業に従事するグループが、簡単にコミュニケーションを行うことを可能にする「アウトドアスポーツ・グループトークテクノロジー」である。Bluetooth ヘッドセット・スマホアプリ・サーバーが統合されたシステムであり、声を発するだけでグループと常時自然な会話を開始できるため、トランシーバーやスマートフォン単体ではありえなかったコミュニケーションを生み出す。

 

◆「JIDA デザインミュージアムセレクション」の概要

公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)は、1952 年に創立されたインダストリアルデザイナーの唯一の全国組織です。これまで50年以上に渡って、各分野、各地域のデザイン関係団体とも協力して、日本のデザイン界と産業や社会、文化の発展のために貢献しています。

JIDA デザインミュージアムの、「美しく豊かな生活を目指して」をテーマに、インダストリアルデザインが社会に寄与する質の高い製品を選定し表彰するとともに、その製品を収集・保管して次世代に伝え、教育、産業、生活へ文化的貢献を行うことを目的として、1997 年に開設されました。開設以来、デザイン性の高いものやその時代をリードした製品などを中心に、収集・展示しています。

デザインミュージアムセレクション vol.18 掲載ページ

http://jida-museum.jp/collection.html/selection.html/dm18_2016

JIDA サイト 㼀OP ページ

http://www.jida.or.jp/