Brandon Semenukが BONXブランドアンバサダーに就任

2017年10月26日

エクストリームコミュニケーションギアBONX Gripを製造・販売する株式会社BONXは、今月10月23日に、マウンテンバイク界における世界的スーパースター選手、Brandon Semenuk(ブランドン・セメナック)とブランドアンバサダー契約を締結しました。

 Brandon Semenukは、Red Bull Joyrideで5回優勝、2016年のRed Bull Rampageで優勝、Freeride Mountain Bike World Tour Championshipsで3度の優勝を飾るなど輝かしい成績を残しています。また一方で、映像作家としての情熱・才能も超一流であり、彼のYouTubeシリーズ「Life Behind Bars」の視聴登録者数は27,000を超え、多くのファンを魅了しています。マウンテンバイクのみならず、ラリーカーなどのレースでも活躍しながら、世界中の地形を遊び、その記録をビデオに残していくそのスタイルは、まさにBONXの「世界は僕らの遊び場だ。」というBONXの企業理念を体現しており、BONXの北米を中心としたグローバルにおける自転車・ラリー業界への進出の力になると考え、今回の契約に至りました。今後Brandon SemenukはBONXのプロダクト開発やマーケティングのアドバイザーとなるだけでなく、独自コンテンツの制作でもコラボレーションしていく予定です。
 Brandon SemenukはBONXと同様、テクノロジーによってアウトドア体験はもっと高められるという信念を持っています。これからBONXとのケミストリーをぜひ楽しみにお待ちください。

Brandon Semenukのコメント

「BONXチームにジョインできたことはとても嬉しい。革新的なアウトドアテクノロジーブランドの一員になるのは最高だよ。BONXはMTBやラリーで僕たちがやっていることに役立つアイテムだ。BONXのチームも素晴らしいし、この製品の可能性を一緒に追求していくことが楽しみだ。」

BONX代表取締役 CEO 宮坂貴大のコメント

「Brandonを最初のグローバルアンバサダーとして迎えられことは”ヤバイ”の一言に尽きます。この会社を立ち上げた時から、フィールドで本当に役立つものを作ることにコミットしてきましたが、今回のBrandonの加入は、その信念が間違ってなかったことの証明となりました。マウンテンバイクという領域で彼以上のパートナーは世界中探してもいないでしょう。」

Brandon Semenukのプロフィール

マウンテンバイク天国であるカナダのウィスラーにて生まれ育つ。6歳からマウンテンバイクをはじめ、9歳になる頃には大会に出場するようになり、14歳の時に、フリーライドマウンテンバイクの世界に魅了され、のめりこむ。以降、Red Bull RampageやFreeride Mountain BikeWorld Tour、Red Bull Joyride、Crankworxなどの数々の大会で優勝。2013年からは映像作家としてのキャリアもスタートさせ、二足のわらじで世界で活躍するトップアスリート。

激アツムービー「Arcadia」がついに公開されました!

2017年10月25日

こんにちは!
BONXの鎌田です。

台風21号に衆議院総選挙と先週は色々と目まぐるしい一週間でしたね。
台風の影響、大丈夫でしょうか?

 

さて、今回は先日10月10日に公開されたスノーボードムービーの紹介をしたいと思います!

 

今、最もアツいスノームービー「ARCADIA」

 

世界最大手のスノー系メディアであるトランスワールドスノー(TransWorld SNOW 以下TWS)は毎年フルレングスのムービーを製作しています。

今回その7作目となる「Arcadia」はトレイラーの公開やプレミアが開催されてからその期待感は業界全体で高まっていました。

こちらがArcadiaの特設ページです。(英語のページです)
http://snowboarding.transworld.net/arcadia/

 

参加するライダーはXgamesの優勝経験者から、毎回強烈なバックカントリームービーを公開する人気ライダーチームなど、世界トップクラスのバラエティ豊かな面子が参加しています。

出演者:Halldór Helgason, Alek Oestreng, BYND X MDLS, Victor Daviet, Jesse Paul, The Manboys, Jordan Small, Victor De Le Rue.

 alek-oセットアップ画像
(写真:TransWorld Snow http://snowboarding.transworld.net/)

本編にはストリートからバックカントリーまで、とにかく幅広いシーンが収められています。

撮影場所も様々で、日本で撮影されているパートもあります。

 

ムービーが公開されてからも、未収録シーンや撮影の裏側などの動画が続々と公開されており、ファンを楽しませています。

TWSのYoutubeチャンネルに、Arcadia関連の動画がまとめられているのでぜひご覧ください!
https://www.youtube.com/playlist?list=PL4jM88E9Pa6_6_c4br8wZwcbEgXqpWwlw

また、TWSのWebサイトではムービー制作中に撮影したバックカントリーの美しい風景を壁紙として公開しています。http://snowboarding.transworld.net/photos/wallpaper-wednesday-victor-de-le-rue-for-the-arcadia-movie/

 

 

また、Arcadia本編はiTunesにて2,000円で購入することができます。
気になった方は是非チェックしてみてください!
https://itunes.apple.com/jp/movie/arcadia/id1281815982

 

さいごに

今回のメルマガは、先日公開された最新スノーボードムービーの紹介でした。
チェックしたら是非、感想を教えてください。

もうすぐ日本でも本格的にスノーシーズンが始まります。
僕は熱いムービーを見て、来たるシーズンのイメージトレーニングをします!

 

10月29日(日)に琵琶湖で開催される釣りの大会イベント「SABOTAGE」にBONXが協賛をします。

来週のメルマガは大会の様子や結果などの情報や、参加したレポートを紹介します!

それでは、次回の配信をお楽しみに。

 

GO MAKE NOISE
遊びを、遊び尽くせ。

BONX

グループサイクリングツアーでBONXを使用していただきました!

2017年10月18日

こんにちは!
BONXの鎌田です。

 

大分秋らしさを感じる季節になってきました。
御殿場にあるスキー場、スノータウンイエティは10月6日に早速オープンしたそうです。
初滑りが待ち遠しいです。

 

さて、本日は9月30日にMarunouchi Bike&Runが開催したサイクリングイベントのレポートを行います!

 

後ほど、実際に使用して頂いた方の生の声も紹介します。

イベント概要

 

今回のMarunouchi Bike&Runのグループランイベントは東京を観光しながらサイクリングを楽しむサイクリングツアー。そこで、今回の初めてBONXを使用していただいきました!

 

水上バスを利用しながら、全長約30キロのコースを巡るツアーで、普段はランニングがメインの方や、サイクリングが初心者の方でも楽しめるようになっています!

 

信号待ちなどで隊列が分断されてしまったときに瞬時に状況を共有できる。

車の音等の環境音はちゃんと聞き取りながらコミュニケーションが行える。

サイクリングツアー中にBONXを使用していただくことで、サイクリングがもっと楽しくなる体験をしていただきました!

 

このグループランイベントはMarunouchi Bike&Runの月末の恒例のイベントで、10月末に行われるイベントは秩父・長瀞での開催を予定しています。

興味のある方は一度参加されてみてはいかがでしょう。

参加トレーナーの声

今回のツアーでトレーナーとして参加した土峰さんがBONXを使用してサイクリングツアーを行った感想を届けてくれました。

 

土嶺 雄一(Reebok ONE ELITE)

今回初めてBONXを使ってのサイクリングでしたが想像以上のものでした。

今までなかったのが逆に不自然にすら感じさせてくれました。

街中でのサイクリングだったので、信号に後続が引っかかった時の瞬時の会話、その後の待ち合わせなど全てがスムーズに行われました。

片耳だけという事もあり、車の音などの外部の必要な情報を遮断する事なくとても安全にグループサイクリングを終始行うことが出来たのでこれからはBONXなしではグループサイクリングは考えられないです。

次回は距離を伸ばして山道などで試してみてさらなる良さを見つけてみたいと思います。

Marunouchi Bike&Runとは?

Marunouchi Bike&Runは、丸の内エリアの就業者が皇居ランや自転車通勤を気軽に楽しめるようなランナーサポート施設です。

 

店舗には駐輪場の併設、シャワー室完備、ウェアのレンタル(有料)など、仕事終わりに気軽に皇居ランをしたり、自転車通勤ができるような施設が完備されています。

 

他にも。今回のようなイベントの企画や情報発信、共通の趣味を持つ利用者同士のコミュニティづくりのサポートをしています。

 

公式サイトはこちらです。http://www.bike-run.jp/

 

さいごに

グループライドでBONXを使用してみた体験レポートの紹介でした。

すごく楽しそうなイベントでしたね!

僕も機会があれば参加してみたいです。

 

Marunouchi Bike&Runは他にも楽しそうなイベントの企画や、素敵な体験ができるコミュニティを提供しているので、気になった方は是非チェックしてみてください!

 

GO MAKE NOISE
遊びを、遊び尽くせ。

BONX

BONXメルマガ配信開始のお知らせ

2017年10月11日

初めまして、株式会社BONXメルマガ担当の鎌田と申します。
涼しくなる日も増えてきており、徐々にスノーシーズンが近づいているのを感じます。

さて、本日はBONXからのメールマガジン配信開始をお知らせさせていただきます。

メルマガは毎週水曜日17時に配信していきます!
週の半ばに次の週末が楽しみになるような楽しい情報をお届けしますので、よろしくお願いします

配信予定のBONXメルマガを少しだけ紹介!

これから配信していくBONXメルマガの内容を少しだけ紹介します。

BONXをさらに楽しく使えるTipsを紹介!


(この画像はBONXの公式YouTube動画「一番簡単なBONXの使い方」のスクリーンショットです。)

直感的にコミュニケーションを始められることがウリのBONXですが、実はシーンに合わせて色々と便利な設定をすることができます。

また、アプリのアップデートでどんどん新しい機能も追加されていきます。

例えば・・・
・サイクリングで相手の声が聞こえづらいときの設定
・スノーボード中のBONXの便利な使い方の紹介
・アップデートされたBONXアプリの新機能の解説

などなどBONXをさらに楽しめるTipsを紹介していきます!

Tipsだけじゃない!スポーツエンタメ情報


(写真はBONXアンバサダーでプロアングラーの木村建太さんです。)

BONXの話題だけではなく、きっと気になるスポーツエンタメ情報も配信していきますよ。

例えば・・・
・オリンピックや東京マラソン、Xgamesなどの大会速報や最新の話題
・BONXアンバサダー(プロアングラー木村建太など)の活躍
・BONXが参加する展示会や体験会など注目イベント情報
などなど、

なお、過去に配信したメールマガジンの内容は、アーカイブとして当社のWebサイトからも見られるので、気になった際にはぜひそちらもご覧ください!

Webサイトではメルマガのアーカイブだけではなく、サイトでしか見られないコンテンツも配信しています。

 

それでは、次回の配信をお楽しみに。

GO MAKE NOISE
遊びを、遊び尽くせ。

BONX

BONX Gripがムラサキスポーツにて全国展開!全国105店舗どこでも体験購入が可能に

2017年10月4日

株式会社BONXが製造・販売するエクストリームコミュニケーションギアBONX Gripは、本日10月4日より、全国のムラサキスポーツ105店舗にてBONX Gripの体験購入ができるようになりました。

BONXは、実際に試して頂くことがその真価を一番実感して頂ける方法だと考えています。WEBの販売だけでは、どうしてもそこをカバーすることができませんが、ムラサキスポーツ様のサポートと情熱を頂き、ついに全国での販売が叶いました。より多くの皆様に、新感覚のグループコミュニケーション体験をお届けするためにもこれからも販売店を増やしとともに、製品の向上を目指して邁進して行きます。

尚、現在は弊社のECサイト及び、弊社のAmazonストアの在庫はご注文殺到により、一時的に欠品しております。お買い求めのお客様は、お近くのショップにてご購入の検討をお願い致します。

▼株式会社ムラサキスポーツ
ムラサキスポーツは、サーフィン・ボディーボード・スノーボード・スケートボード・BMXなどアクションスポーツのスポーツ用品が豊富なスポーツショップ。スポーツとその文化を通して、友人や家族の絆、人と人が理解しあうこと、自然の大きさと尊さなど、人生にとって本当に大切なことを、 わずかな時間で気づかせてくれるスポーツの素晴らしさを“RIDE LIFE”というメッセージを掲げ、展開している。
株式会社ムラサキスポーツ公式ウェブサイト

▼株式会社BONX
「世界は僕らの遊び場だ」という企業理念を元に、どんな距離でも、どんな環境でも、自由に仲間と会話ができるコミュニケーションギアのBONX Gripを展開。2016年12月末に一般販売を開始し、2017年7月末には北米での販売もスタート。間も無くユーザー数は1万人を超える。
株式会社BONX公式ウェブサイト