Brandon Semenukが BONXブランドアンバサダーに就任

2017年10月26日

エクストリームコミュニケーションギアBONX Gripを製造・販売する株式会社BONXは、今月10月23日に、マウンテンバイク界における世界的スーパースター選手、Brandon Semenuk(ブランドン・セメナック)とブランドアンバサダー契約を締結しました。

 Brandon Semenukは、Red Bull Joyrideで5回優勝、2016年のRed Bull Rampageで優勝、Freeride Mountain Bike World Tour Championshipsで3度の優勝を飾るなど輝かしい成績を残しています。また一方で、映像作家としての情熱・才能も超一流であり、彼のYouTubeシリーズ「Life Behind Bars」の視聴登録者数は27,000を超え、多くのファンを魅了しています。マウンテンバイクのみならず、ラリーカーなどのレースでも活躍しながら、世界中の地形を遊び、その記録をビデオに残していくそのスタイルは、まさにBONXの「世界は僕らの遊び場だ。」というBONXの企業理念を体現しており、BONXの北米を中心としたグローバルにおける自転車・ラリー業界への進出の力になると考え、今回の契約に至りました。今後Brandon SemenukはBONXのプロダクト開発やマーケティングのアドバイザーとなるだけでなく、独自コンテンツの制作でもコラボレーションしていく予定です。
 Brandon SemenukはBONXと同様、テクノロジーによってアウトドア体験はもっと高められるという信念を持っています。これからBONXとのケミストリーをぜひ楽しみにお待ちください。

Brandon Semenukのコメント

「BONXチームにジョインできたことはとても嬉しい。革新的なアウトドアテクノロジーブランドの一員になるのは最高だよ。BONXはMTBやラリーで僕たちがやっていることに役立つアイテムだ。BONXのチームも素晴らしいし、この製品の可能性を一緒に追求していくことが楽しみだ。」

BONX代表取締役 CEO 宮坂貴大のコメント

「Brandonを最初のグローバルアンバサダーとして迎えられことは”ヤバイ”の一言に尽きます。この会社を立ち上げた時から、フィールドで本当に役立つものを作ることにコミットしてきましたが、今回のBrandonの加入は、その信念が間違ってなかったことの証明となりました。マウンテンバイクという領域で彼以上のパートナーは世界中探してもいないでしょう。」

Brandon Semenukのプロフィール

マウンテンバイク天国であるカナダのウィスラーにて生まれ育つ。6歳からマウンテンバイクをはじめ、9歳になる頃には大会に出場するようになり、14歳の時に、フリーライドマウンテンバイクの世界に魅了され、のめりこむ。以降、Red Bull RampageやFreeride Mountain BikeWorld Tour、Red Bull Joyride、Crankworxなどの数々の大会で優勝。2013年からは映像作家としてのキャリアもスタートさせ、二足のわらじで世界で活躍するトップアスリート。