家族でゲレンデへ!ファミリースキーでも活躍するBONX

2019年1月17日

こんにちは、BONXの井坂です。

東京でも先日初雪が観測され、いよいよ冬本番といったところでしょうか。今回は冬の家族レジャーでBONXが役立つシーンを、CEO宮坂の実体験をもとにお届けします。

ファミリースキーでBONXはこう使える!

友達や恋人とのスキー&スノーボードではもちろん、BONXはファミリーシーンでも活躍します!

子供に着けられるの?と思うかもしれませんが、BONX GripのイーヤループはS/M/Lの3つのサイズがあり、さまざまな大きさの耳に対応していため、小学生くらいであればお子さんの耳にも装着可能です。

それでは具体的なシーンごとに、BONXの活用方法をご紹介します。

1. 別々でリフトに乗っても安心

雪山に慣れてきたキッズは、1人でリフトに乗ることも。

もう大丈夫と思っていても、隣で見守ることができないのは親としてはやはり不安なものです。BONXでつながっていれば、万が一のときにも会話でき、降りるタイミングの指示などにも使えます。

またBONXを通して指示を出せば、1つ後ろのリフトからのお子さんの撮影もスムーズに。家族の思い出づくりに一役買います。

2.迷子対策にも活躍

ファミリースキーでの迷子対策にもBONXがおすすめです。

ファミリースキーをする上で1番の懸念がお子さんの迷子ですよね。視界が悪かったり、目を離した隙にいなくなってしまったり、思いがけずコースの外に出てしまうなんてことも。

BONXがあれば、そんなトラブルを未然に防ぎ、万が一の時には連絡手段として活用できます。

ハンズフリーで使用できるので、お子さんが身動きが取れない時でも連絡することが可能です。

常にお子さんの状況を把握できるので、安心してスキーを楽しむことができます。

3.別行動でもBONXがあれば安心!

2人以上お子さんがいるファミリーの場合、家族でスキー場に行っても別々に行動することもあるのではないでしょうか。

お子さんの年齢やスキルによっては、パパと上の子が一緒に滑り、ママと下の子はレストランで休憩……ということも。

ママ「何時まで滑ってる?」
パパ『今から1本滑って降りるから、レストランの席取っといて!』
ママ「わかったー。気をつけてね!」

BONXでつながっていれば、会話でお互いの状況が把握できるので、レストランなどでの待ち合わせも楽々。滑っている最中の様子もわかり、飽きることなく楽しめます。

4.BONXを介したコーチングで上達

実は、BONXはスポーツのコーチングにもよく使われています。お子さんのスキル向上にもBONXを活用してみましょう!

実際に子どもとのスノーボードを満喫したCEO宮坂も「コーチングはほんとやりやすい。滑りながら細かい指導もできるので上達も早まる」と言っていました。

写真のように初心者用のゲレンデをゆっくり滑りながら、リアルタイムで指示ができます。

小さい子は滑り終わったあとに指摘してもイメージがしづらいため、その場でアドバイスができることは大事です!

まるで隣にずっとパパがいてくれるような感覚で、安心して練習できます。

5.BONX Storiesで家族の思い出を残そう!

動画撮影にはBONXアプリの機能、BONX Storiesをお使いください。

BONX Storiesは、マイクなどの録音機材を使わずに、BONXを介した会話を撮影した動画に収録できる機能です。

距離が離れた家族同士の会話もひとつの動画に組み込まれるため、滑っている最中の音声が入った動画が作れます。

スマートフォンで手軽に撮影できるので、ゲレンデの思い出づくりや、滑りの確認用にお役立てください。BONX storiesの使い方などはこちらで詳しく紹介しているのでぜひご覧ください。

▼BONX Storiesを使って撮影した動画はこちら

家族向けTipsのイラストも公開中

休日に家族を連れてゲレンデへ向かうスキー&スノーボーダーのパパ社員が多いBONXでは、ファミリー向けに「BONX Tips for Family」を制作しました!

ファミリースキーでのあるあるネタや役立つアイテムを、社内のパパスノーボーダーの実体験をもとにポップなイラストで表しています。

スキー場やSNSで見かけた際は、参考にしてみてくださいね。

さいごに

お子さんがスマートフォンを持っていない場合は、古いスマートフォンをテザリングして使うのもおすすめですよ。

パパママ同士で繋がっているだけでも、十分役に立つはずです。

この冬はお子さんと一緒にBONXを使ってスキー&スノーボードを楽しみ、家族の思い出に加えてみてはいかがでしょうか。

また気温が低い時期になると、過放電による製品トラブルが起こりやすくなります。

BONX Gripをお持ちの方はこまめな充電をお願いします。詳細に関してはBONX公式ページでメンテナンスに関する情報を掲載しているのでそちらをご確認ください!

「こんなことできたら面白くない?」、「こういう風に使いたいんだけどできる?」といったご意見、ご質問はこちらのフォームにてお待ちしています。

GO MAKE NOISE
遊びを、遊び尽くせ。

BONX


▼BONX Gripのお買い求めはこちら
公式ストアで購入Amazonで購入