特定小電力無線機(特小)とは?気になる特小の特徴を解説

2019年5月24日

特定小電力無線機(特小)とは?

「トランシーバー、インカムが欲しいな」と思って「トランシーバー」とインターネットで検索すると、たくさんのブランド,メーカーから様々な種類のトランシーバーが販売されていることがわかります。デジタル簡易無線機やアマチュア無線機、IP無線機など、本当に無線機の種類は多岐にわたります。
handsfree-6
しかし、多くの方が目にするのは「特定小電力無線機(特小)」であると思います。免許が不要なため使い勝手も良く、人気のある無線機と言えます。しかし、今やインターネットで簡単に購入できてしまうので、「特小」がいったいどんな無線機なのかということをご存知でない方も多いのではないでしょうか?
メリットやデメリット、なぜ「特定」なのかなど、今回は「特定小電力無線機」についてご紹介します。

電波は国の財産!

特定小電力無線機についてお話する前に、まずは「電波」についてご説明します。
ここで大切なポイントが「電波は国の財産」ということです。電波は国の財産、つまり「有限」であることを理解しておく必要があるのです。
「電波」は様々な場所で利用されており、そしてその種類も多いのですが、国がしっかりと管理しているからこそ、快適な生活を支えてくれているのです。
例えばFMラジオ放送ですが、放送局は国から免許を取得することによって、その「周波数(例えば80MHzなど)」を使って放送することができているのです。この同じ周波数で、個人が勝手に放送してしまうような事態が発生すれば、いわゆる「電波ジャック」になってしまいます。

ラジコン玩具用のコントローラでさえも、使用する「周波数」は国によって管理されています。
他にも、警察無線や救急無線、消防無線など、国の安全や人命に関わる重要な無線(電波)も存在します。これらが妨害されてしまうことがあってはいけません。
国は様々な電波が混信、混乱してしまわないように、整理してくれているのです。
そして、整理する上で、「電波(無線)」を利用しようとする際には一定の知識と技量が求められるため、「免許制度」が存在するのです。
感覚的には自動車の運転免許と同じです。法律の知識と技術があってこその交通整理ですから、無免許での運転は大変危険です。これは電波でも同じなのです。
例えばアマチュア無線は、国家試験に合格して免許を取得しないと扱うことができませんが、これも電波を管理して整理する上で大切なことです。

特定小電力無線機

長くなりましたが、では「特小」がなぜ無免許で使用できるのかということですが、最大の理由が「小電力」であるということだからです。
電波を管理する上で、一定の知識と技能を証明するものが免許ですが、その必要さえない程の強さの電波しか発生しないので、無免許で利用できるのです。その為、特小の通信距離は100~300mとかなり狭くなっており、また建物や地理的状況によってはこれよりも更に狭くなってしまうのです。

特小の最大のメリットは「無免許」で使えるという手軽さです。インターネットやショップで購入してすぐに使用することができるので、免許の申請や登録などの煩雑な手続きの必要がありません。また、設備費は上がってしまいますが、中継器を使用して通信距離を延ばすことも可能ですし、機種によっては同時通信もできます。

デメリット

様々なシーンで活躍する特小ですが、「利用者が多い」というのは、場合によっては最大のデメリットとなってしまいます。

上記で述べたように、特小に割り当てられた周波数も国に管理されたもので、これは無線機のブランドやメーカーが違っても共通です。そのため、大規模なイベントなどで多くの人が特小を使用すると、「空いているチャンネルがない」という事態も起こりかねないのです。
また、仲間同士で交信している最中に、知らない別の誰かが割り込んできてしまうことも考えられます。

BONXは?

BONXは無免許で使えるという点こそ特小と一致していますが、通信距離に制限もなく、また他の人が勝手に割り込んでくることもありません。

普段使用しているスマートフォンにアプリをインストールし、専用のイヤフォンを使用するだけで距離制限の無いトランシーバーとなりますので、他のトランシーバー、インカムと比較して導入コストが抑えられます。
また、ビジネス向け有料アプリ『BONX for BUSINESS』では、お手持ちのマイク付き有線イヤフォンを使えるため、初期費用なしでの利用が可能です。
無料アプリ『BONX』では10人まで、有料アプリ『BONX for BUSINESS』では、30人も同時に通話することができます。トランシーバーより音質も良いため、コミュニケーションの効率が格段に上がります。

BONXは、特定小電力無線機を超えた新しいコミュニケーションツールです。

BONXのご購入はBONX公式オンラインストアから
BONXの業務利用をご検討の方はBONX for BUSINESS公式ウェブサイトへどうぞ