BONXがついに北米進出。本格的にグローバル展開をスタート。

2017年7月20日

エクストリームコミュニケーションギアBONX Gripを製造・販売する株式会社BONXは、本日7月20日(木)にソフトウェアの大幅なアップデートを実施。それと同時に、北米での一般販売を開始いたしました。エクストリームスポーツシーンにおける、必要不可欠なコミュニケーションデバイスとしてより多くのユーザーに届けてまいります。

2016年12月に日本国内でのBONX Grip一般販売開始以降、ウィンタースポーツから自転車、カヤック、釣り、ランニング、サバイバルゲームなどのエクストリームスポーツのユーザーを中心に累計1万ユーザーも目前と迫っています。今後もBONXは、今回の大幅アップデートを機に『遠く離れた人といつでもテレパシーのように話せるようになる』新しいコミュニケーション体験をお届けできるよう邁進していきます。

CEO宮坂 貴大のコメント:「理想とする体験の追求に終わりはないが、ようやく皆さんに使ってもらえるところにまで来た。プロダクトも、ブランドも、ディストリビューションも、近道はないことがよくわかった。今後も一つ一つ着実に進めて、世界で愛されるプロダクトに育てていきたい。」

■ソフトウェアアップデート内容
・騒音環境でも、聞き取りやすいよう大幅改善し、クリアな音質を実現。
・ユーザー要望に基づき、グループ作成のやり方がより直感的に。
・トークルーム画面のカスタマイズ機能を追加。

■マーケティング強化内容
① 販売チャネルの拡大
海外:アメリカ・カナダでGoProの成功を支えた人材を軸にセールスチームを結成し、海外小売店舗で展開を開始。
国内:ゼビオグループなどを始めとしたスポーツ量販店やアウトドアショップなどの実店舗での展開を拡大。

② 各スポーツでのマーケティングを本格化
ブランドアンバサダーを積極的に迎え、ウィンタースポーツ、自転車、釣り、サバイバルゲーム、ランニング、カヤックなど様々なジャンルにおけるプロモーションを展開予定。

③ ウェブサイトの全面リニューアル
スタートアップの事業をクリエイティブの力でサポートする、The Breakthrough  Company GOとパートナーシップを締結。ウェブサイトリニューアル、さらに新たなブランドスローガン「遊びを、遊び尽くせ。」を発表。