株式会社リコーとの資本業務提携のお知らせ

2018年7月17日

株式会社BONX(東京都世田谷区 代表取締役 宮坂貴大、以下「BONX」といいます。)は、株式会社リコー(東京都大田区中馬込 代表取締役 山下良則、以下「リコー」といいます。)と資本業務提携を締結し、同時にBONXはリコーに対して総額約4.5億円の第三者割当増資を実施いたしますので、お知らせいたします。

BONXは、創業者宮坂の「スノーボード中に仲間と話したい」というニッチなニーズから生まれた「常時接続による“距離の制限を超えた感情の共有”」という、普遍的で革新的なコミュニケーション体験を生み出してまいりました。主にスポーツマーケットでの展開に加え、昨年12月からはビジネスマーケットのニーズに応える形で、ビジネス用の音声コミュニケーションツール「BONX for BUSINESS」をスタート。さらなるユースシーンの拡大/ビジネスモデルの多様化を進めるべく、今回リコー社と業務提携を結ぶに至りました。具体的な協業の目的は以下の通りです。

BONXの協業目的

1)「いつでもどこでもすぐつながる」BONXの普及。 スマホ一つで、距離の制限なく、簡単に会話開始なBONXのソリューションを、リコーの強みである顧客接点力・サポート力によって一気に拡大することで、企業が持つ音声コミュニケーションの課題を解決させる。

2)「色々なサービスにつながる」外部サービス連携の加速。働き方改革のツールとして好評なインタラクティブホワイトボードなどのリコー製エッジデバイスに両社の技術・ソリューションを組み込むことで、提供価値を向上させ、企業の働き方改革への取り組みを支援。

3)「データが新たな価値につながる」 会話ビッグデータ活用の促進。会話データをテキスト化し保存するだけでなく、蓄積されたの音声コミュニケーションデータを活用する事で、職場環境のモニタリングや効率化に活かすな
ど新たな価値を提供。

BONX for BUSINESS活用事例BONX for BUSINESS活用事例

配送業務のオフィスと倉庫間で使用配送業務のオフィスと倉庫間で使用

生放送でスタジオと現場間にて使用生放送でスタジオと現場間にて使用

会話ビックデータ 活用イメージ

BONXのコミュニケーションはインターネットを通じて実現されるため、これまでは完全にオフラインだった“現実世界での会話”をオンライン化することが可能にしました。 今回リコー社の強みである“顧客接点・サポート力/様々なエッジデバイス” をもつパートナーとの協業により、BONXならではの付加価値を創造してまいります。