iOS12.4、iOS12.4.1で起きている不具合とiOS13.0で起こりうる不具合について

2019年9月3日

この度、iOSバージョン12.4および12.4.1にアップデートされたiOS端末において、マイク系の不具合が発生する可能性があることを確認いたしました。

確認されている事象

BONXアプリ、BONX for BUSINESSアプリをご使用中、「マイクを有効にできなかったためBONXの通話を開始できませんでした。他のアプリでマイクを使用していないことを確認してください」という表示が現れ、突然ルームから退出しグループトークから外れてしまう。

事象が起きる要因

①BONX以外の音声通話利用後
BONXご利用中に電話やsiriなどの音声割り込み処理が入ったあと、通常であればBONXルームに再接続しますが、再接続できずにすぐに上記メッセージがでて退出してしまいます。
BONXアプリ、BONX for BUSINESSアプリをご使用中に、電話などの他の音声通話を行なった場合には、お手数ではございますが手動でトークルームに再接続することで復帰をお願いいたします。
本事象の9割が音声通話利用後に確認されています。
 
②バックグラウンドでアプリ起動中
バックグラウンドでBONX アプリ、BONX for BUSINESSアプリを起動し、トークルームに入室した状態にしていると、突然ルームから退出してしまうことがございます。
こちらの発生率は約1割となっておりますが、発生した場合、お手数ではございますが手動でトークルームに再接続することで復帰をお願いいたします。
 

BONXからのお願い

現在弊社にて上記iOSの問題に対する調査を最優先で行っております。並行してApple社への問い合わせも行なっておりますが、修正までには時間がかかる見通しです。
さらに近々リリースされることが見込まれるiOSバージョン13.0においても同様の問題が生じることを確認しているほか、全ての検証が完了しておらず、動作の保証が取れておりません。
誠に勝手なお願いではございますが、BONXユーザーの方々におかれましては、現時点で弊社にて動作保障ができないiOSバージョン12.4、12.4.1及び13.0へのアップデートを行わないことを推奨させて頂きます。
対応が完了次第、弊社より改めてご連絡いたします。
 
ご不便をおかけしておりまして誠に申し訳ございませんが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。