インカムをワイヤレスで運用する方法について

2019年6月18日

インカムを運用するスタイルについて

インカム・トランシーバーを利用する方法として、1番シンプルであるのが、本体を片手で持って運用するというスタイルです。

本体のスピーカーから仲間の声を聞き取って、本体に付いているPTTスイッチ(送信スイッチ)を押して応答するという使い方となります。室内や、静かで周囲に人がいない場合はあまり不便さを感じることはないかもしれませんが、そうではないシチュエーションならどうでしょうか。
仲間の声を聞くためには、本体スピーカーの音量を上げなければいけませんし、また騒音の中での応答となれば、自らも大きな声で話す必要が出てきてしまいます。また、片手が無線機に占領されてしまい両手が使えなくなってしまうのはとても不便です。

インカムにはヘッドセット、マイク付きイヤフォンが便利!?

以上のことから、多くの場合インカム・トランシーバーにはヘッドセットやマイク付きイヤフォンが必要となってきます。
周囲の騒音に関係なく仲間の声を聞くことができますし、また口元のマイクで応答することができるようになるので、会話の内容が周囲に漏れてしまうこともなくなります。
何より、大きな本体を片手に持つ必要がなくなることが最大のメリットです。

コードが邪魔になる

インカム・トランシーバーをヘッドセットやマイク付きイヤフォンと組み合わせると便利になるとご紹介しましたが、やはり「コードが邪魔」というデメリットが残ります。本体をベルトで腰に装着し、そこからヘッドセットまたはマイク付きイヤフォンのコードを引くわけですが、服の中を通すにしても、動く際に邪魔になってしまうことは避けられません。

特に飲食店など、業務中に動き回るシーンが多い場合では非常に煩わしいでしょうし、現場仕事では場合によっては危険にもなってしまうでしょう。また、接客業では見た目も損なわれてしまいます。特定小電力無線の中には、非常に小型で服のボタン部分に装着できるようなものも販売されていますが、アンテナが内蔵型なので通信距離が大変短くなってしまいます。

インカムをワイヤレスで運用する

インカム・トランシーバーをハンズフリーで利用し、かつ邪魔になってしまうコードを気にしなくて済むようにするには、「ワイヤレス」が最適です。最近ではBluetoothを利用したイヤフォンやヘッドフォンが流行していますが、それらと同じ様にインカムやトランシーバーを運用することができれば、非常に便利になるはずです。しかし、今のところ、特定小電力無線機などのインカム・トランシーバーは市販のBluetooth機器を利用して運用することができないのです。付属品もしくはオプションとして購入した有線のヘッドセットやマイク付きイヤフォンを利用することしかできません。
walkie talkie
インカム・トランシーバーをBluetooth接続可能にする変換機器(コンバーター)が販売されてはいますが、1~2万円とかなり高額なので、オプションとしてはコストがかかってしまいます。
一部のデジタル簡易無線機はBluetoothによる外部機器接続が可能なものがありますが、4~6万円と、特小と比較してかなり高級な機体になるので、こちらもコストがかかってしまいます。では、インカム・トランシーバーをハンズフリーかつワイヤレスで運用する方法はないのでしょうか?

BONX

BONXは種類こそは特定小電力無線機やデジタル簡易無線機と異なりますが、様々なシーンにおいて便利なインカム・トランシーバーです。普段使用しているスマートフォンにアプリをインストールし、専用のワイヤレスイヤフォンを使用するだけで距離制限の無いトランシーバー・インカムとなります。使用する際にコードが邪魔になりませんし、無線機を腰からぶら下げる必要もないので、快適でスタイリッシュです。

また、発話検知機能が付いているので、完全にハンズフリーで運用することが可能です。また、ビジネス向け有料アプリ『BONX for BUSINESS』では、お手持ちのマイク付き有線イヤフォンを使えるため、導入コスト無しでの利用が可能です。
さらに、通常の無線機(トランシーバー)と違い同時通話も可能です。防水性能も備わっているので、飲食店での導入や屋外、レジャーでの利用も可能。
無料アプリ『BONX』では10人まで、有料アプリ『BONX for BUSINESS』では、30人も同時に通話することができます。トランシーバーより音質も良いため、コミュニケーションの効率が格段に上がります。

BONXはハンズフリーでワイヤレス運用が可能なインカムもしくはトランシーバーと言えます。(この記事では「インカム」と「トランシーバー」を同義として掲載しています。これらの違いについての記事はこちら

BONXのご購入はBONX公式オンラインストアから
BONXの業務利用をご検討の方はBONX for BUSINESS公式ウェブサイトへどうぞ