BONX Gripの「聞こえ」が改善!大型ファームウェアアップデートを検証しました

2018年9月27日

こんにちは!
BONXの岩田です。

大変お待たせ致しました!先日9月19日に、BONX Gripの「大型ファームウェアアップデート」をついに公開いたしました。発表直後から、SNS等でたくさんの反響をいただいております。ありがとうございます。

そこで今回はよりコミュニケーションが取りやすくなったアップデート済みのBONX Gripを使用して、どれだけ改善されたのか検証した結果をご紹介します。

 

ファームウェアアップデートの概要

今回のアップデートは、BONX Gripの音量をはじめとした「聞こえ」を改善するものです。

製品発売当初からあった、「音が小さくて聞こえない」「風切り音に声が消されてしまう」などのユーザーニーズに応えた待望の内容となっています!

アップデート後の音量は従来比で1.5倍に向上し、「風切り音に声が消されてしまう」という課題に対しては、向かい風の強い環境でのノイズキャンセリング性能を改善しました。風切り音対策によって、自転車などスピードの出るスポーツをより快適に楽しめるようになっています。

個人で簡単にアップデートが可能!

アップデートの方法はとても簡単!

ご自身のパソコン(Mac OS 10.10 Yosemite 以上)でファームウェアアップデーターをダウンロードし、パソコンに接続したBONX Gripに書き込みを行うと、アップデートを適用できます。僕もやってみましたが、2〜3分で作業が完了しました!詳細の手順はBONXサイト内ヘルプページから確認できます。

※Windows版アップデーターは準備ができ次第のご案内となります……。もうしばらくお待ち下さい!

 

BONX Gripのアップデートを徹底検証!

では、本題の検証についてです!

アップデートを受けて、どれだけ「聞こえ」が改善されたのかをお伝えするべく、Team BONXが実際に検証して参りました。検証の舞台は毎度お馴染みの、スノーヴァ溝の口!

Team BONXの鎌田と西居の 2人に、アップデート前とアップデート後のBONX Gripをつけて比較をしてもらいました。

BONXを付けて、準備完了!

鎌田も西居もトリックを決めまくり、約2時間ガッツリ楽しんでいました!カメラが回っていたからか、2人とも調子が良かったそうです。

それではアップデート前と後でどれだけの改善がされたのか、検証の結果を報告します。

音量アップで快適なコミュニケーションが実現

まず検証を行うにあたり、滑走スペース付近の騒音レベルを調べました。

静かなオフィスの騒音度は約40デシベル、幹線道路脇の騒音度は約80デシベルとされています。それに対してスノーボード場の騒音度は約77デシベル。コミュニケーションをとるには騒音が気になる環境でした。

こちらはアップデート前のBONX GripでのBONXアプリのトーク画面です。騒音のあるスノーボード場では音量を最大まで上げた状態でお互いの声が問題なく聞こえる程度。周囲のBGMや滑走音次第では、聞こえづらくなる場面もありました。

それに対して、こちらがアップデート後のBONXアプリのトーク画面です。アップデートのおかげで、最大値でなくとも快適にコミュニケーションを行うことができました。最大値までの余裕が生まれたことで、より騒音のある環境でもコミュニケーションをとることができるようになり「音が小さくて聞こえない」という課題をクリアできています!

ノイズキャンセリング機能で滑走中のコミュニケーションも改善!

また、ノイズキャンセリング機能の改善も今回の検証を通して実感することができました。

滑走中の2人とコミュニケーションをとる際には、アップデート後のBONX Gripのほうが会話が聞き取りやすく、向かい風のある環境下での風切り音に対するノイズキャンセリング機能の改善を実感。円滑なコミュニケーションにより、良いショットをたくさん収められましたよ。

スノーボードと同じく風の影響を受けるロードサイクルでも、アップデートでより快適なコミュニケーションを楽しめると思います。

 

さいごに

今回の大型ファームウェアアップデートでの「聞こえ」の改善をイメージしていただくことはできたでしょうか?

このアップデートにより、BONX Gripは今まで以上に快適なコミュニケーションを実現しています。ロードサイクルはもちろん、これからシーズンに入るスノーボードにおいても活躍するアイテムになると思います!

アップデートがまだの方は、BONXサイト内ヘルプページから手順を確認してアップデートしてみてください!

※BONX Gripのシリアルナンバーの最初の4桁がBX2Iの方はアップデートの必要はありません

 

それでは、次回の配信をお楽しみに。

GO MAKE NOISE
遊びを、遊び尽くせ。

BONX