スイスの雪山でもBONXが大活躍!フォトセッションの様子を紹介

2018年12月27日

こんにちは、BONXの井坂です。

BONXとアンバサダー契約を結んでいるプロスノーボーダー、ビクター・ダビエが出演するプロモーションムービーの第二弾が公開されました。

ムービーでは、BONXを使って会話しながら行ったフォトセッションの様子を、空撮も交えて撮影しました。今回は動画撮影の様子に加え、ビクターのコメントもお届けします。

VICTOR DAVIET(ビクター・ダビエ)

ビクター・ダビエは1990年生まれ、南フランス出身のプロスノーボーダーです。スノーボード選手としての活動以外にも、写真や映像の作成などの表現の世界でも精力的に活動しています。ビクターのプロフィール第一弾のムービーに関する記事もあわせてご覧ください。

BONXを使ったフォトセッション動画を公開

今回の撮影は、スイスのアルプス地方に位置するLes Diablerets(レディアブルレ)という山で行われました。標高は3000mと非常に高く、シーズンオープンが早いのが特徴です。

ムービーに出演しているのは、ビクター、フリースキーヤーのローレン、フォトグラファーのパーリー。プライベートでも大の仲良しである3人だからこそ、ムービー冒頭の何気ない会話も生まれたのではないでしょうか。

「超かっけー!スノボ行きたい!誰か週末空いてない?」と思わせるようなクールな仕上がりとなっています。

BONXを通した会話を動画に収録

今回の撮影は、ビクターにとってもBONX初体験でした。セッション中にBONXを通してした会話をすべて録音し、リアルな会話を収録した動画となりました。

動画にはビクターたちの普段どおりのフランクな会話が収められていて、3人の軽快なやり取りで撮影が進んでいきます。

『ここでターンできる?』
「Alright!」

動画の中で何気なく交わされているこのような会話も、BONXがあるからこそできるもの。

動画では、BONXが極寒地でも使用可能なことをアピールしてくれています。寒くて耳が痛い場合、バラクラバを着用していてもBONXを使用できるので、こちらの記事から確認してみてください。

空撮シーンも見所のひとつ

今回の動画では、空撮シーンも見所のひとつとなっています。空撮シーンを撮る際はBONXがビクターたちとフォトグラファーをリアルタイムでつないでくれるので、大変役に立ったそうです。

撮影当日は強風が吹き荒れ、一時ドローンが紛失するというハプニングもありましたが、無事見つかりフォトグラファーのパーリーも一安心でした…。

さいごに

今回の撮影でレディアブルレまで同行したBONX CEOの宮坂は、「ビクターがマジでいいやつでさー」とエピソードトークを繰り出し、友達と遊びに行ったような雰囲気で語ってくれました。

最高の瞬間を、最高の仲間と共有し、「遊びを遊び尽くせ」を体感できた撮影でした。

社内のスノーボーダーに話を聞いたところ、BONXを使えばスマホでの動画撮影もスムーズに行えるとのこと。今シーズンはBONXを装着して、エクストリームな瞬間を共有してみてはいかがでしょうか。

また気温が低い時期になると、過放電による製品トラブルが起こりやすくなります。

BONX Gripをお持ちの方はこまめな充電をお願いします。詳細に関してはBONX公式ページでメンテナンスに関する情報を掲載しているのでそちらをご確認ください!

「こんなことできたら面白くない?」、「こういう風に使いたいんだけどできる?」といったご意見、ご質問はこちらのフォームにてお待ちしています。

次の配信は年明けを予定しています。2018年もBONXからの発信をご覧いただき、ありがとうございました。では皆さんよいお年を!