BONX WORK

  • DX
  • インカム

ホテル人手不足の現状と打開策。次世代インカムが業務をサポート

ホテル人手不足の現状と打開策。次世代インカムが業務をサポート イメージ

インバウンド再開に向けたホテルの建設ラッシュや開業が進む中、肝心のホテルで働く人は足りていない現状です。 ホテル経済の回復が期待される一方で人手不足が及ぼす接客サービスへの影響が懸念されています。 この記事ではホテル業界が陥っている人手不足の原因と対処法をまとめました。また人手不足の現場をサポートする次世代インカムについてもご紹介します。

ホテル業界の人手不足の原因

音声DXイメージ

パンデミックによる新規雇用の抑制・人員削減

国土交通省が2021年に作成した「宿泊業の現状について」によると新型コロナウイルス流行中に宿泊業の正規雇用者数は約6%減少、非正規雇用者は約14%減少したと記載されています。 新型コロナウイルス感染症の影響を受けインバウンドが減少。それを受けて新規雇用の抑制や人員削減をせざるを得なかったのが人手不足の理由として挙げられます。 しかしインバウンド再開・国内観光客数の増加に伴い景気回復が予測されています。 実際に日本政府統計局が公表した「2023年 訪日外客数・出国日本人数」の調査では2023年の訪日外客数は対2022年比で8,327.9%増と約84倍であることが分かりました。 観光客が増えホテルの需要が高まる中、今度は働き手を十分に確保できないことが問題視されています。 

心身的な負担・労働環境の厳しさによる離職

受付ホテル

ホテルはスタッフひとりあたりの業務量が多いのが特徴です。 チェックイン・チェックアウトの手続き、会計や宿泊予約の管理、荷物の預かり、鍵の管理をはじめお客様からのご要望の実現、客室の清掃チェック、観光場所のご案内、タクシーの手配など複数の業務を限られたスタッフで対応しなくてはなりません。 また24時間365日営業の2交代制もしくは3交代制のシフト制で、実働時間は7時間〜8時間であっても拘束時間が長いことも心身的に負担がかかる要因となっています。 夜勤明けでその日の夕方から出勤するケースもあり、自己管理能力と体力も必要な仕事です。 実際に帝国データバンクの作成した「人手不足に対する企業の動向調査」のデータでは、アフターコロナに向けて時間外労働も増加していることが明らかになりました。このように厳しい労働環境もホテルが人手不足に陥る原因となっています。

データから見るホテル人手不足の現状

新型コロナウイルス感染症を5類へ移行する政府の意向や全国旅行支援、インバウンド再開に伴いホテルの人材雇用は拡大しています。令和5年1月時点のホテルの新規求人は前年同月と比べ27.0%増加。 令和4年度の宿泊業・飲食サービスの入職率は20.3%とあらゆる産業の中で最も多く、前年と比較して8.3 ポイント増加と最も上昇しました。 しかし離職率も15.0%と各産業の中で最も高い水準であることから入れ替わりが激しく定着率が低いことが見てとれます。 また令和5年1月時点における従業員の過不足状況の調査によると、正社員について不足を感じている企業は77.8%と業種別に見て最も高く、非正社員の人手不足の割合も81.1%と群を抜いて人手不足に陥っているという結果になりました。

パンデミックの影響を受け、従業員数を制限して稼働を続けていたホテルでは現在も限られたスタッフで接客サービスを回していることからデータに見えない人手不足に陥っていることが予測できます。

出典:一般職業紹介状況(令和5年1月分)/産業別の入職と離職の状況/DX推進に関する企業の意識調査

ホテル業界における今後の対策

システムを活用した新人教育の強化

厚生労働省のデータからも分かるようにホテルでは入職者数が増加しており、新人教育が接客サービス品質を左右するポイントとなってきます。 しかし教えなければいけない業務が非常に多く新人研修には時間を要します。 また拘束時間の長さや人間関係、休暇の取りづらさが理由で新人を教育したとしても早期に離職してしまうことも慢性的な離職率の高さから伺えます。 業務の傍ら効率的かつしっかりと人材を育成するにはITを活用するのも一つの手段。教育をサポートするシステムを取り入れることで、教育期間の短縮や教育を担当するスタッフの負担軽減、ひいては新人スタッフの定着率向上が見込まれます。

職場コミュニケーションの改善

人手不足を解決しようにも人員の採用にはコストや時間がかかるため、簡単には現状を打開することはできません。 新規の雇用数を増加するのも一つの手ではありますが、即効性が高くコストを抑えて人手不足を補う手段の一つにスタッフ同士のチームワークの強化が挙げられます。 またコミュニケーションが取れていないことで困った時に助けを呼べなかったり万一のトラブルにも一人で対応せざるを得ない心理状況に陥ります。 お互いの行動を把握し助け合いができる良好な関係を築くためにはコミュニケーションの改善は非常に重要です。 特にピーク帯や繁忙期でも常にコミュニケーションを図れる環境を構築しておくと、意思疎通や助け合いができるようになり人間関係のストレスによる離職防止が期待できます。

ホテルのビジネスフォンをスマホ内線化する方法やメリットを解説

ホテル業界の人手不足にインカムが効果的

イメージ:古屋旅館様

深刻な労働者不足に陥っているホテル。ですが、インカムをうまく活用していくことで業務効率化を実現でき、少ない人員でサービス向上を目指すことも可能です。 従来は何か連絡事項がある際に、連絡係の職員がそれぞれの職員のところを回りながら伝達したり、携帯電話で一人ひとりにメールや電話をしたりと、手間がかかってしまっていたのが現状です。 しかしインカムを使えば一度の連絡で全員と共有することが可能となり、伝達にかかっていた無駄な時間を削減できます。 またいつでもどこでもスタッフ同士で連絡を取り合うことができるため、従業員同士のコミュニケーション量も増加。 これによって助けがいつでも呼べるようになる、属人化を防ぐ、OJTの質が向上するといったメリットが得られます。 全員がつながることでお客様を一対一で接客するスタイルからスタッフ一丸となってサービスを提供する意識が高まり顧客満足度の向上に貢献します。

ホテル業界におすすめの業務用インカム

イメージ:浦安ブライトンホテル東京ベイ様

ホテルスタッフのコミュニケーションをつなぐ業務用インカムとして導入が広がっているのがスマートフォンのVoIPと専用イヤフォンを組み合わせたクラウドベースのグループトークソリューションBONX WORKです。BONX WORKの特徴と導入のメリットについてご紹介します。

音声DXでホテルの人手不足を解消!時代に合ったサービスへ移行|浦安ブライトンホテル東京ベイ様

通信距離に制限がない

一般的なインカムの場合、無線通信技術を利用しているためどうしても通信距離に制限ができてしまいます。そのため離れた場所にいるスタッフとは情報共有できないことも。 しかしBONX WORKであれば通信距離に縛られることなくスタッフ同士でコミュニケーションを取ることができます。

障害物に強い

イメージ:海月館グループ様

一般的なインカムやトランシーバーは障害物に弱く、部屋を跨ぐ通信が苦手です。そのためフロアを跨ぐ通信など壁を跨いだ通信になると、途切れ途切れになってしまう可能性があります。 しかしBONX WORKであればインターネット回線を使用した通信のため、壁やフロアなど関係なく、インターネット回線が繋がる環境下であれば問題なく通信することができます。そのため障害物に強く安定したコミュニケーションを実現できます。

ホテル旅館の完全プライベート空間を叶えるオペレーションに成功|海月館グループ様

ハンズフリーで利用できる

一般的なインカムやトランシーバーの場合、通話する際に通話ボタンをプッシュする必要がありハンズフリーで利用することができませんが、BONX WORKは自動で発話を検知するため通話ボタンをプッシュすることなくコミュニケーションすることができます。 会話中以外はデータ通信量を節約できる点も大きなメリットです。

次世代インカムBONX WORKがホテル業務をサポートします

イメージ:浦安ブライトンホテル東京ベイ様

これまでにホテル業界が抱えている人手不足の原因とその対処法についてお伝えさせていただきました。人手不足の原因はホテルの労働環境であり、スタッフ同士の連携を強化し労働環境を改善していくことで対処することができます。 ぜひこの機会にBONX WORKの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

部門間連携が大型ホテルの接客サービス向上と業務効率化を促進|森トラストグループ運営ホテル様 老舗旅館で音声イノベーション!情報の伝えやすさが時間削減に直結|古屋旅館様