BONX WORK

  • DX
  • スマートフォン

スマホはインカム代わりに利用できる?業務用インカムの代替として注目!

スマホはインカム代わりに利用できる?業務用インカムの代替として注目! イメージ

音声やりとりができるスマホアプリについて一度は耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。現場のコミュニケーションツールとしてスマホなどの端末がトランシーバーやインカムのように使われるようになりました。 特に社用スマホを利用している現場ではスマホアプリを導入しやすく、コスト面や操作性を考えると関心が高いサービスだと言えるでしょう。

この記事ではスマホをインカム代わりに利用する方法や利用シーン、無線機や携帯電話との違いについて解説しています。スマホを業務に活用している人をはじめ、従来のインカムからの乗り換えを検討している人はぜひ参考になさってください。

スマホはインカム代わりに利用できるのか

お手持ちのスマホに専用アプリケーションをインストールすることでインカムの代わりに利用することが可能です。インカム代わりと言ってもスマホが端末となるため、通信方式、操作性、機能、見た目は大きく異なります。 つまりインカムのように通信はできるが、より便利に進化したコミュニケーションツールということ。

また個人でも無料のコミュニケーションアプリやAppleWatchでトランシーバー機能を利用する人が増加しています。免許を必要とせず毎月の通信料さえ支払えば利用料もかからないためツーリングなどプライベートでも活用の幅が広がっているのです。

スマホアプリをインカムの代わりに利用するには何が必要?

スマホアプリをインカムとして利用するために必要なものは基本的にスマートフォン(iPhone/Android)とイヤフォンマイクのみです。 イヤフォンマイクはワイヤレスと有線タイプがありますが、せっかくスマホをインカム代わりに使うのですからBluetoothイヤフォンマイクがおすすめ。 通常のインカムは簡単にワイヤレス化できませんが、スマホであればBluetoothイヤフォンマイクとペアリングするだけでワイヤレスでの利用が可能です。

インカム代わりになるスマホアプリの種類

IP無線アプリ イメージ

コミュニケーションが取り合えるスマホアプリの種類はさまざまあり、用途に応じて最適なアプリをインストールして利用する必要があります。 スマホアプリを大別すると次のように分類されます。

・誰でも気軽に利用できる無料アプリ
・サブスクリプションで利用できる有料アプリ

無料アプリ

無料アプリは一般的にコミュニケーションアプリと呼ばれ、友人や知人と手軽にコミュニケーションを取り合うことを目的としたアプリです。 アプリ上で対象のメンバーにフレンド申請を行うことで通信が可能となりますが、個人アカウントが第三者に知られてしまうため秘匿性の高い情報共有には向いていません。 業務で利用する場合、プライベートでの利用と混在してしまうといったデメリットもあります。

有料アプリ

有料アプリには無線アプリ・インカムアプリ・トランシーバーアプリなど様々な呼称があります。 グループトークソリューションとしてデスクレスワーカー向けに製品化されているサービスです。管理者がIDを追加したユーザーのみとグループ通信でき、無料アプリよりもセキュリティに特化しているのが特徴。より多人数でのグループ同時通話を実現します。 インカムのように通話できるだけでなく、録音機能や文字起こし、テキストチャットなど音声データが活用できる機能も有料のスマホアプリに限定されていることが大半です。

インカムの代わりにスマホアプリを利用している業種・シーン

イメージ:森トラストグループ運営ホテル様

スマホアプリを主軸にコミュニケーションとっている大半がデクスレスワーカーに該当します。 デスクレスワーカーを代表する仕事には

宿泊
医療介護
飲食
小売
建設

などがあります。※リンクより音声アプリBONX WORKの導入事例をご確認ください。各現場に共通してコミュニケーションがサービスや品質、安全を左右します。

大型の施設や高層の建物での利用

イメージ:海月館グループ様

スマホアプリをインカム代わりに使うことで距離無制限のグループトークができることから、広大な面積を有する小売店舗や医療・介護施設、階層の高いホテルや旅館、壁やパーテーションで隔たれたクリニックや飲食店などで活用されているのです。

[関連記事]部門間連携が大型ホテルの接客サービス向上と業務効率化を促進|森トラストグループ運営ホテル様

安全確認や指示出し・誘導時の利用

イメージ:大和鋼管工業株式会社様

インターネット/Wi-Fi環境が整備されている工事現場や工場などでも、安全に施工を進めるためのKY活動や指示出し、誘導に役立っています。 周波数帯を割り当てて会話を行うインカムと比べ、インターネットを利用するスマホは圧倒的に音質が良く騒音の現場でも利用可能です。

[関連記事]製造現場の騒音を打破!クリアな音声で距離無制限の通信が可能に|大和鋼管工業株式会社様

作業時の利用

イメージ:あんざい歯科様

また体力を使ったり作業を行ったりといった業務が基本となる現場業務においてワイヤレスで通信ができるというのも選ばれるポイント。

例えば
・荷物の運搬・清掃中
・調理・配膳中
・ピッキング・レジ業務
・診療中・介助中
・機械の操縦・施工中
上記のようなシーンでアプリやイヤフォンによっては作業の手を止めることなく常にハンズフリーで会話することが可能です。 ※ハンズフリー機能の有無は各プロダクトによって異なります。

[関連記事]トランシーバーをワイヤレス化する方法や手順、利用シーンまとめ!

ベテランのサポートを要する場面での利用

イメージ:ALSOK介護グループホームステーションらいふ羽田大鳥居様

遠隔からのアドバイスや質問に対する答えもスマホアプリであればインカムよりも円滑。また訪問介護や訪問診療のように、遠く離れた現場とのやりとりでも活用されています。 外出先からスマホを使って電話をかけると内線を塞いでしまう、電話に出ることができないといった問題が発生しますが、常に繋がっている状態をキープできるため指示を待っている時間や独断専行によるミスも削減されるのです。

[関連記事]業務の効率化で接客時間が増加!音声を通じて人材を育成|外資系スポーツメーカー旗艦店様

スマホアプリをインカム代わりにするメリット・デメリット

メリット① インカムのデメリットを解消できる

スマホアプリを採用している企業の中には旧式のインカムから乗り換えたケースも当然多くあります。 単純に筐体が重い、ノイズがうるさい、通信が途切れるといったデメリットの解消を目的に利用を開始しています。

[関連記事]インカム使用時に耳が痛い方必見!耳が痛くなる原因と対処

メリット② 音声データが活用できる

コミュニケーションからシステム管理までできるだけスマホで完結させたいという用途でもスマホアプリが選ばれています。チャットや文字起こし、録音機能といった音声データも業界ごとにさまざまな活用ができます。

[関連記事]トランシーバーアプリのBluetooth対応を紹介!スマホアプリとインカムの違いも解説

メリット③ 距離無制限

インターネットが繋がる場所であれば相手とどれだけ距離が離れていても通信できます。 航空・物流・鉄道・バス・タクシー・タクシーなど長距離移動が伴う仕事でのコミュニケーションにも活用されています。ユニットトークを利用することで本社と各支店がリアルタイムに繋がることも可能です。

[関連記事]トランシーバーの通信距離はタイプにより異なる【伸ばす方法も紹介】

メリット④ 免許不要で導入コストがかからない

スマホにアプリをインストールし、イヤフォンマイクとBluetooth接続するだけで誰でも利用できます。 免許取得や登録申請を行う必要がなく、導入から運用開始までのスピードが早いのが大きなメリット。 毎月のサービス利用料だけでなくイヤフォンマイクのサブスクリプションに対応している場合はさらにイニシャルコストを抑えることができます。 ※BONX WORKはスマホアプリと専用ハードウェア(3種)をサブスクリプションで提供しています。

[関連記事]インカムアプリとは?無線機との違いや必要な製品・費用を解説

デメリット① データ通信料が発生する

携帯会社のネットワークを利用するためスマホのデータ通信料が発生します。 サービス利用料は毎月一定ですが、スマホの使い方や利用時間、Wi-Fiの利用状況によってデータ通信料(パケット通信料)は変動します。

[関連記事]IP無線アプリとは?機能や特徴、無線機との違いを解説

デメリット② インターネットが使えない場所では通信不可

据え置きWi-Fiや公衆無線LANが利用できる場所を除き、インターネット及びWi-Fiが整備されていない場所や山川海などの自然界では利用が困難です。

スマホアプリと従来の無線機・インカムの違い

無線機イメージ

無線機との違い① 通信の仕組み

無線機は会話したいメンバーと共通の周波数(チャンネル)を割り当てることで会話ができる仕組みとなっています。 スマホアプリは携帯キャリアが提供するインターネット通信を利用します。そのため携帯電話と同じようにインターネット環境下であれば距離無制限で全国どこでも通信できるのです。

[関連記事]トランシーバーの周波数・チャンネル・出力を解説!無線機の選び方

無線機との違い② 通信方式

トランシーバーを使用する男性

一般的な無線機の通信方式は単信方式やプレストークといい、発言権を交互に譲り合いながら会話します。複数のメンバーが同時に会話することができない半二重通信の一種。 無線機の基本となる会話方法をPTT(プッシュツートーク)と呼び、ボタンを押している間しか発信ができない仕組みとなっています。
一方でスマホアプリであればリアルタイムのグループ同時通話が可能です。

[関連記事]プッシュツートークの仕組みや通信方式、スマホでPTTを利用する方法まとめ

無線機との違い③ 混信や傍受のリスク

スマホアプリはインターネットを経由する際に特殊技術によって音声をデジタル変換することから混信や傍受のリスクが低く、安全に利用することができます。 従来の無線機やインカムは受信側と送信側の周波数を一致させることで通信できる仕組みとなっています。利用する周波数は第三者と被ってしまうこともあるため、利用の際には確認や調整が必要です。

[関連記事]トランシーバーには傍受のリスクが!秘話モードのススメ

インカム代わりになるスマホアプリと従来の携帯電話の違い

操作性

携帯電話や内線、PHSは基本的に一対一でしか会話ができないため、情報共有の度に個別で連絡を行わなくてはなりません。またスマホを開いて指定の番号へ電話をかける手間がかかります。 スマホアプリを通じてコミュニケーションを取り合うことでメンバー全員とリアルタイムに通話やチャットができるようになります。

[関連記事]PHSが終了するのはなぜ?いつ?後継機も紹介

繋がりやすさ

携帯や内線に電話をかけても業務中は応答できない場面が多くあります。 しかしスマホアプリはイヤフォンを通じて強制的に耳へ情報が伝わるため、なかなか電話に応じてくれない、取次に時間がかかるといったタイムラグが大幅に減少されます。 またリアルタイムの同時通話ができるため、緊急時にも割って話すことが可能です。トラブル対応や災害時にも一役買うのです。

インカムの代替におすすめのスマホアプリ「BONX WORK」

イメージ:クラウド歯科様

50名(拡張可能)によるグループトークが実現

BONX WORKは業務用インカムの代替におすすめのスマホアプリです。 距離無制限で50名(拡張可能)による同時通話を実現し、現場のコミュニケーションを劇的に活性化します。

[関連記事]小型で高性能なトランシーバー BONX WORKと特小無線の違いを解説!

専用イヤフォンとアプリがサブスクリプションで購入できる

株式会社BONXが自社で開発している専用イヤフォンとソフトウェアが一つになったサブスクリプションサービスが実質月額500円/1アカウントからご利用いただけます。

音声データで新たな価値を創出

さらにビジネスプランではユニットトークや個別トーク、録音、文字起こし、音声ソリューション連携などが利用可能。既存システムと音声を組み合わせた運用にも大きな価値をご実感いただけます。

[関連記事]会話の記録が自動でテキストに BONX WORKが演出する音声入力の新たなステージ

特許取得の発話検知機能を搭載

イメージ:ナチュラ動物病院様

BONX WORKの強みの一つであるハンズフリー機能を使うことで作業中に声を発するだけで一斉に情報を届けることが可能となります。 その他従来の無線機でも使われているPTT、ボタン一つで通信状態をオンオフに切り替えられるラッチモードをご利用いただけます。デスクレスワーカーのあらゆる業務をサポートします。

[関連記事]トランシーバーのハンズフリーが便利!同時通話やワイヤレス化も可能

まとめ

スマホアプリはインカムにスマホの良さを取り入れた音声通話サービスです。交互通話の無線機と比べ伝達のスピードが圧倒的に早く通信エリアもカバーします。また携帯電話のように個別連絡をしなくても一言話しかけることで1:Nに伝わります。 社用スマホにインストールするだけで利用を開始できるのもうれしいポイント。現場のグループトークを円滑にすることを目的に設計されたソフトウェアの機能とイヤフォンマイクの性能も大きな魅力に繋がっています。

社用スマホの活用およびインカムからの代替を検討されてはいかがでしょうか。まずはお気軽に資料ダウンロードをご利用ください。

[関連記事]スマホアプリがトランシーバーとして利用可能!特徴や機能をご紹介