BONX WORK

  • 課題解決
  • トランシーバー

トランシーバーで発生するノイズの原因と対処法

トランシーバーで発生するノイズの原因と対処法 イメージ

トランシーバーやインカムなどの無線機を使ったことがある方であれば、誰しも1度はノイズに悩まされたことがありますよね。トランシーバーやインカムなどの無線機を使う以上ノイズを避けて通ることができません。 離れた人とも瞬時にコミュニケーションを取ることができとても便利な無線機ですが、周囲の電磁波や電波との干渉や周波数の混み具合、距離などさまざまな要因によりノイズが発生してしまいます。 そこでこの記事ではトランシーバーで発生するノイズの原因とノイズの対処方法についてわかりやすく解説していきます。記事の最後にはノイズに悩まされている方におすすめの無線機についても解説していくので、ぜひ最後までご覧いただき参考にしてください!

トランシーバーの種類や使い方・話し方を徹底解説

そもそもノイズとは

・自然界に存在する自然ノイズ ・人間が作り出した人工ノイズ

これら2種類に分けることができます。ここではこれら2種類のノイズについてわかりやすく解説していきます。

自然界に存在する自然ノイズ

自然ノイズとは元々自然界に存在するノイズのことで、宇宙から降り注ぐ電磁波や放射線といったいわゆる宇宙線と呼ばれるものや落雷などの空電雑音、太陽フレアによる太陽雑音などが挙げられます。 トランシーバーから「ザー」というノイズが発生して聞き取りづらい場合、これらの自然ノイズが影響している可能性があります。

人間が作り出した人工ノイズ

人口ノイズとは人間が作った電化製品などが生み出しているノイズのことです。身近なものを例に挙げると、電子レンジやテレビ、パソコンやスマートフォンなども人口ノイズを発生させています。 わかりやすい例としてテレビにラジオを近づけると「ザー」というノイズが発生しますよね。これは、ラジオが人工ノイズの影響を受けているためです。トランシーバーなどの無線機も例外ではなく、日々人工ノイズの影響を受けています。 ただし人工ノイズの場合は原因となっている電化製品の電源をオフにしたり、ノイズの発生源から距離を取ることで回避することができます。

トランシーバーでノイズが発生する原因

無線機 種類

トランシーバーでノイズが発生してしまう原因は自然ノイズや人工ノイズの影響だけではありません。その他にも、

・周囲の電磁波や電波による干渉 ・周波数が混み合っており混信している ・通信可能な距離を超えている

このような原因が考えられます。それぞれ詳しく解説していくので、ぜひ最後までご覧いただき参考にしてくださいね。

原因①:周囲の電磁波や電波による干渉

トランシーバーでノイズが発生してしまう場合、周囲に発生している電磁波やその他の電波が影響している可能性が考えられます。電波干渉とは電波がお互いにぶつかり合ってしまうことで通信品質の低下を招いてしまう現象です。 電波はトランシーバーのみならずさまざまな電子機器で利用されており、電波利用者も多くいます。そのためトランシーバーから出ている電波と干渉してしまいノイズ発生の原因となってしまいます。

原因②:周波数が混み合っており混信している

トランシーバーでノイズが発生してしまう場合、周波数が混み合っており混信してしまっている可能性が考えられます。混信とは利用している周波数の他の利用者からの音声が混ざって聞こえてしまう現象のことです。 周波数が混み合っているがために混信してしまっている場合、周波数に空きが出るのを待つか他周波数を利用する必要があります。

原因③:通信可能な距離を超えている

トランシーバーには通信可能な範囲に限界があります。トランシーバーの通信可能な範囲の限界に近くなればなるほど受信できる電波が弱くなってしまい、ノイズ発生の原因となってしまうことがあります。 また距離が遠くなればなるほどノイズの原因となる他の電波や電磁波との接触機会も多くなってきます。その分ノイズが発生してしまう確率も高くなってしまいます。

トランシーバーのノイズ対処法

トランシーバーを使用する男性

トランシーバーでノイズが発生してしまう原因として自然ノイズや人工ノイズの影響以外にも他の電波や電磁波の影響・周波数の混み具合・通信可能な距離の3つの原因が考えられることがわかりました。ここではそれらに対する対処法について解説します。

自然ノイズに対する対処法はない

自然ノイズは宇宙から降り注ぐ宇宙線や太陽から発せられる太陽フレアが原因で発生するノイズです。そのため残念ながら自然ノイズに対する対処法はありません。強いて言えば自然ノイズの影響が小さい場所へ移動することで解決することができます。

人工ノイズに対す対処法

人工ノイズなら比較的簡単に対処することができます。人工ノイズがトランシーバーに影響していると考えられる場合、原因となっている電子機器の電源をオフにすることで解決することが可能です。

周波数が混み合っている場合の対処法

周波数が混み合っていることにより混信してしまっている場合、周波数が空くのを待つか、他の周波数に切り替えることで解決することができます。他の周波数を利用する場合、「このチャンネルを使っている方はいますか?」などと確認し、応答が無いことを確認してください。応答がある場合すでに第三者が利用していることになるため、他の空き周波数を探しましょう。

トランシーバーの周波数・チャンネル・出力を解説!無線機の選び方

通信可能な距離を超えている場合の対処法

通信可能な距離を超えているか遮蔽物や障害物に阻害され、電波が弱くなっているためにノイズが発生している場合、中継器を導入するかより強力な無線機に買い換えることで対処できます。

トランシーバーの通信距離はタイプにより異なる【伸ばす方法も紹介】

トランシーバーのノイズにお悩みなら「BONX WORK」がおすすめ

イメージ:ヤナセオートモーティブ株式会社 東京支店(Audi芝浦)様

トランシーバーをお使いの方なら1度は悩まされたことがあるであろうノイズは本当に鬱陶しい存在ですよね。できることなら避けていきたいノイズですが、トランシーバーの性質上、ノイズを避けて通ることはできません。 そこでおすすめなのが「BONX WORK」です。BONX WORKであれば、インターネット回線を使って通信を行うため、一般的なトランシーバーと比較してノイズが発生しにくいのが特徴です。ここでは、BONX WORKの特徴について詳しく解説していきます。

特徴①:インターネット回線を使用しているからノイズが出にくい

「BONX WORK」はインカムのように使う事ができる、インターネット回線を利用した次世代のコミュニケーションデバイスです。インターネット回線を利用しているため、一般的なトランシーバーと比較してノイズが発生しにくいのが特徴です。 さらに、インターネットに接続できる環境下同士であれば距離に縛られることなくコミュニケーションを取ることができます。

IP無線アプリとは?機能や特徴、無線機との違いを解説

特徴②:周波数の利用状況に影響されずに利用できる

BONX WORKはインターネット回線を利用しているため、周波数の利用状況に左右されずに利用することができます。周囲でどれだけ多くの人がトランシーバーを利用していようとBONX WORKへの影響が一切無いのです。 また、通常の無線機のように周波数やチャンネルを利用していないため、混信のリスクもありません。

特徴③:サブスクリプションサービスだから定額で使える

BONX WORKは毎月定額で利用することができるサブスクリプションサービスです。携帯電話のように毎月利用した分だけ通話料金が課金されていく料金システムではありません。そのため、どれだけ使っても高額な請求が来ることなく安心して利用することができます。BONX WORKの料金プランについては下記のページで詳しく紹介しているので、ぜひこちらのページと併せて参考にしてください。

BONX WORKの料金プラン詳細はこちら

まとめ

イメージ:あんざい歯科様

この記事ではトランシーバーのノイズ対策についてわかりやすく解説させていただきました。トランシーバーから発生するノイズには他の無線機の利用状況や通信距離の他に、宇宙線など不可抗力が原因で発生するノイズもあることがわかりました。 しかし、インターネット回線を利用しているBONX WORKならノイズに対する悩みを解決することができます。トランシーバーやインカムを使っており、ノイズに悩まされているのであればBONX WORKへ乗り換えることでそのようなお悩みを解決することができますよ。ぜひこの機会にBONX WORKへのお乗り換えをご検討されてみてはいかがでしょうか。

トランシーバーの傍受と混信について。安全なデジタル無線機を紹介