釣りの楽しさは、BONXでさらに広がります。

2017年9月21日

仲間と一緒に釣りをしに来て、

「釣りと一緒に会話も楽しめたら!」

と思ったことはありませんか?

 

BONX Gripは片耳に装着し、独自のスマホアプリと組み合わせて使用する新しいコミュニケーションギアです。

開放型のイヤホンなので、装着した耳側からも環境音が聞こえる設計になっており、周囲の音を聞き漏らすことはありません。
喋るだけで通信がスタートし、ベイトの位置やヒットの感動を完全なハンズフリーで共有することができます。

今までになかったフィッシング中のコミュニケーションの様子をご覧ください

 

BONX×SURF FISHING

こちらはBONXを実際に使用しながらサーフフィッシングを行っている様子を紹介した動画です。

では、この動画を詳しく見ていきましょう!

 

仲間とリアルタイムに情報共有

サーフフィッシング中に仲間と会話

「ベイトが全然見えないですね~」

「いないか~」

 

「あ、ベイトいる」

「超マイクロベイト」

「あれが沖に出いってくれれば・・・」

今まで、仲間と一緒に釣りをしに行っても、実際に現場では隣り合って釣ることは少なく、潮の流れや、ベイトの存在や位置などの情報を共有する手段はありませんでした。

BONXによって、離れた位置でそれぞれ釣りを楽みながらもコミュニケーションを取ることができるようになります。

 

BONX Grip本体に搭載されたデュアルマイクによって、風切り音などのノイズを低減。クリアな音声のみで通話が可能です。

また、VAD(発話検知機能)によって、発話を行うと自動で通信が開始するので、完全ハンズフリーで両手を自由に使える状態のまま会話をすることができます。

さらに、発話していない時はほとんど通信をしないので、バッテリーやデータ通信量の消費*を抑えることができます。

*60分間、1対1の会話において、話す:聞く:沈黙=2:2:6の割合で会話した場合、他アプリと比較してデータ通信量を5分の1に抑えることができます。

 

ヒットの感動を仲間と共有

ヒットした瞬間に仲間と共有

 

「お!」
「ヒットきた!?」
「やった~!」
「デカイ?頼むよ~ばらさないで~」

仲間がヒットした瞬間をすぐに把握。

 

 

釣りあげました!

「よっしゃー」
「いえーい」

仲間の釣れた喜びが伝わってくるのも楽しいですね!

 

BONXは携帯の電波を利用して通信を行うので、電波が入る環境であればどれだけ距離が離れていても、仲間とリアルタイムで体験や感動を共有することができます。

従来の特小無線やトランシーバーでは距離に制限があったり、ボタンを押してから発話をしなければならないなどの制約がありました。
しかし、BONXはそれらをすべて解決した新しいコミュニケーションを可能にしました。

 

最後にインタビューの内容をどうぞ!

 

使用者インタビュー

Angler HIROFUMI SUGIMOTO

サーフの釣りはみんな(一緒に行っても)散らばってやることが多いので、仲間とやるときに魚がヒットしたとか、流れがあるとか、すぐに情報共有できるので使いやすかったですね。

当たった瞬間は思わずヒットって声が出ちゃうんだけど、それがみんなに即座に伝わって、集まってくれて新しいイメージの釣りだったなと感じましたね。

 

フィッシングのシーンには今までになかった新しいコミュニケーションの方法ですよね!

まずお試ししたい!という方はこちらでレンタルすることが可能です。
https://www.rentio.jp/products/bonxgrip

 

さらに詳しい製品情報を知りたい!
という方はこちら、当サイトのメインページへどうぞ。

購入はこちらの購入ページにて行えます。

木村建太プロアングラーと スポンサー契約を締結

2017年9月19日

エクストリームコミュニケーションギアBONX Gripを製造・販売する株式会社BONXは、本日9月19日、バスフィッシングの木村建太プロアングラーとスポンサー契約を締結しました。

木村建太プロは、ジュニア時代より様々な大会にて優勝し、アメリカの大舞台でも活躍。3年間のアメリカ修行で身に付けたスキルを、琵琶湖でガイドサービスやルアー作りにフィードバックしながら、現在も本場アメリカのトッププロと競い腕を磨き続けるバスフィッシングのプロアングラーです。

釣りに対する愛と世界を股にかけて挑戦し続ける木村建太プロは、まさに弊社の企業理念である「世界は僕らの遊び場だ。」をフィッシング業界で体現されている方だと強く感じ、今回のスポンサー契約に結びつきました。

今後、木村建太プロにBONXをご使用いただくことによって、フィッシング界における新しい遊び・楽しみ方を追求していきます。BONXは常に高みを目指して、果敢に挑戦する木村建太プロを応援します。

【木村建太プロのプロフィール】
生年月日:1982年2月7日生まれ(35歳)
出身地:京都出身
得意な釣りスタイル:クランクベイト/パンチング/フロッグ
趣味:ルアー制作

【木村建太プロの主な経歴】
1997年 
 NBCジュニアチャプター デビュー戦優勝
1999年 
 湖南チャプタージュニア年間総合優勝。ジュニア通算7勝。
2000年 
 京都チャプターシニア年間総合優勝。
2005年 
 FLWツアーコアングラー、及びチャンピオンシップ出場
2007年 
 コアングラー出場3年目。年間総合4位で2008年度のFLWツアーボーター出場資格
 自身プロデュースの『EVOKE5』と『STAB CLAW3.5』発売
2008年 
 琵琶湖オープン最終戦優勝、年間総合2位。
2009年
 琵琶湖オープン第1戦、第3戦優勝、年間総合優勝。
 DVD『マットカバー完全攻略』(つり人社)発売
2010年
 バスマスターセントラルオープンにボーターとしてフル参戦。
 『Slitherk』、DVD『獲るためのフロッグゲーム論』(デプス)発売。
2011年
 琵琶湖オープン年間総合優勝。
 『BusterK』
 『動くバス釣り場ガイド 日本10名湖 第2弾 琵琶湖(南湖)~滋賀県』発売。
2012年
 DVD『THE アラバマショック』、『獲るためのトーナメント戦略』
 BOOK+DVD『琵琶湖南湖のバスフィッシング365日 木村建太の冬編』発売。
2013年
 『EVOKE1.2』発売。
 バスマスターセントラルオープンに再びフル参戦。
 第3戦 ロスバーネット5位入賞。
2014年
 DVD『カバークランキング技術論』発売。
 バスマスターセントラルオープン第3戦 アーカンソーリバー2位。
 ルアーマガジン 陸王チャンピオンカーニバル優勝
 ルアーマガジンモバイル 艇王チャンピオンカーニバル優勝
2015年
 『EVOKE2.0』『EVOKE SHAD』『REVO BLACK9』
 DVD『琵琶湖野郎』『ストロングゲーム教導』発売。

木村建太プロ公式ホームページはこちら
BONX × Fishingページはこちら

BONX × Yahoo! JAPAN 自転車競技部(エンデューロ篇)

2017年9月6日

BONX Gripは真剣勝負の場面も大活躍します。

以前の記事
でも紹介したYahoo! JAPAN 自転車競技部さんに実際の試合でもBONX Gripを使用していただきました。

 

BONX × Yahoo! JAPAN 自転車競技部(エンデューロ篇)

 

(注:事前に大会の運営へBONX Gripの使用、また撮影の許可を取って撮影しております。)

 

BONXは自転車競技の邪魔にならない設計

真剣勝負のレースでは、身に着けるものはできるだけシンプルにしたい。
従来のインカムやトランシーバーでは、ハンドルから一度片手を離してボタン操作をしてから会話しなければならないという安全上の問題や、イヤホンのコードを背中を通さないといけなくて邪魔になるといった懸念事項がありました。

BONX Gripはワイヤレスかつ完全ハンズフリーで会話が行えるので、余計なストレスを感じることなくレースに集中することが出来ます。

また開放型のイヤホンを採用することにより、装着した耳側からも環境音が聞こえる設計になっています。
軽くて付けていることを忘れるように馴染むので、レース中に邪魔になることもありません。

エンデューロはチームの中でメンバーを交代しながら8時間自転車を漕ぎ続けるレースなので、チーム内でのコミュニケーションが勝負の行方を左右する大きなポイントとなります。

BONX Gripには2つの異なるモードが用意されており、その2つを使い分けることでより実践的な情報のやり取りを可能にしています。

ピットから選手へ必要な情報を

「11-1番って男女混成チームですか?」

「11はセマスだよ、それで混走」

BONX Gripは完全ハンズフリーで会話ができるので、選手はレースに集中した状態のまま、レースの情報をピットにいるチームメンバーに確認することができます。

従来のインカムやトランシーバーでは話し手がボタンを操作する必要がありましたが、VAD(発話検知機能)によって、声だけを自動的に検知し通信を行うのでボタン操作は不要です。 また独自アルゴリズムの採用により、「はぁはぁ」という息切れの音は拾わないので、クリアな音声のみでの会話が可能です。

「10秒後ろに第一(トレイン)」

リアルタイムで会話を行う

ライバル達との駆け引きの場面では、ピットから後続車の距離など具体的な情報を選手へすぐに伝えられるので、より戦略的なレースを展開することが可能です。

 

トークモードの使い分けで厳選した情報のみを競技中の選手へ

 

PTTモードを使用してレース中の選手と会話

またこの場面で、ピットにいるチームメンバーはBONXイヤフォンを操作して会話をしていますね。

これは、PTT(Push To Talk)という機能です。 BONXイヤフォン本体にあるメインボタンを押している間だけ相手に音声が届く機能で、従来のインカムやトランシーバーと同じような使い方が出来ます。

もちろん、PTTモードを使用しなくても、ピットと選手の間で会話することはできます。 しかし、ピット内では本当に選手に伝えたいこと以外にもいろいろな会話が行われています。 もしそのピット内での会話がずっと選手に聞こえてしまっていたならば、集中を妨げになりますよね。

つまり、レース中の選手はVAD(発話検知機能)を使用してハンズフリーで会話し、ピットからはPTTモードで必要な情報だけを伝えるという使い分けをすることで、リアルタイムに正確な情報をやりとりすることができるのです!

PTTモードへはスマートフォンアプリ上から設定することができます。 トークルーム画面左側の指のマークをタップすることで切り替えられます。

 

PTTモードのトークルーム画面

スマートフォンの画面が以上のようになっていたら正しく設定できています。

Yahoo! JAPAN 自転車競技部さんの優勝!!

 

Yahoo! 自転車競技部が見事優勝!

 

そして、見事、Yahoo! JAPAN 自転車競技部さんがBONX Gripを使用して優勝しました!

BONX Gripは生活防水や耐衝撃性はもちろん、連続通話7時間の長時間稼働するバッテリーを搭載。

アクティビティに特化しているので真剣勝負の場面でもトラブルなく活躍してくれます。

いかがでしたか?BONX Gripは自転車レースにおいて勝利につながる重要アイテムなのです!

 

まずお試ししたい!という方はこちらでレンタルすることが可能です。

さらに詳しい製品情報を知りたい!
という方はこちら、当サイトのメインページへどうぞ。

購入はこちらの購入ページにて行えます。

BONX体験会がサバゲーフィールドシールズで行われました!

2017年9月5日

8月23日に千葉県にあるサバゲーフィールド「シールズ」でBONXの体験会を行いました!

BONXからも社長を含め3人が参加しました!

BONXを使用して気づいた点などを人数の変更やゲームのルールが変わったタイミングでそれぞれ紹介しています。
ちなみにTipsは最後にもまとめて載せています。

 

プレイ内容

4対5のフラッグ戦

ゲームをプレイする全員がBONXを装着。
2つに分かれたチームごとにトークルームを作り、チームメンバー全員が相互にコミュニケーションできるように設定しました。

初めてBONXを使用される方は最初は戸惑っていましたが、コードレスで耳にしっかり固定されることや、混線がなくハンズフリーで会話ができることなど特小無線にはない感覚に驚きつつも徐々に慣れて楽しんでもらえるようになりました!

 

BONXを使用する際のルールとして
・ヒットしたらBONXはマイクミュートモードにすること
を決めました。

ヒットしたらゲームにはこれ以上参加できないので、敵の位置などの情報を味方に教えないようにするためのものです。
ゲーム性が変わってしまうのを防ぐためです。

しかし、マイクミュートモードは自分の声は他のメンバーには届きませんが、仲間の会話は聞くことができます。
これでヒットした後も味方の会話を聞きながら観戦を楽しむことができます。

 

7対8のフラッグ戦

ここで遅れて到着したメンバーが到着したので7対8でのフラッグ戦が始まりました。

新しく参加したメンバーにもBONXの使い方を説明し、ゲームスタート!
追加のメンバーが増えてもトークルームに追加するだけなので簡単ですね。
人数も増えたのでフラッグ間の距離を広めにとってフィールドを広く使える状態でプレイしました!

フィールドが広くなるとさらに味方の位置や相手の位置や数といった情報の共有が重要になるのでBONXを使用してコミュニケーションを取りながらゲームプレイしました。

ゲーム開始直前のブリーフィングを行っています。

 

フィールドが広くなっていくとともに
「あそこの建物の裏に敵がいる」
「こちらからは敵は見えない」
といった場所を指す言葉がわかりづらくなるという問題が生じることが分かったので、普通に特小無線を使用するときのように
「キャサリン(建物の名前)の右奥に敵は見えるか?」
のように事前に場所の名前を決めて固有名詞を使用してコミュニケーションを取るとよいとわかりました。
ちなみにシールズには建物やエリアごとに名前が付けられており、それを覚えてからはかなり快適に位置のやりとりが行えるようになりました!

 

10対10のフラッグ戦

15人でプレイをしていたところ、隣のフィールドでプレイされていたチームの方から
「よかったら僕たちと一緒にやりませんか?」
とのお誘いが。
こちらこそ是非ということで合計20人でのゲーム開始。
もちろんこちらの方々にもBONXを使用してもらいました!

シールズにはサバゲーをプレイできるフィールドが2つ(Aフィールド、Bフィールド)あり、もともと僕たちが使用していたフィールドがBだったのですが、Aでプレイしていた方達も一緒になったので、ここからは2つのフィールドを交互に使用しながらプレイしました。

ブッシュが中心のAフィールド

多彩なバリケードや建造物が立つBフィールド

10人がトークルームに入って相互に会話を行うとなると、複数の会話が同時に発生することもあるので、特小無線を使用するときのように
「アルファ(人名)からブラボー(人名)へ、右奥のブッシュから回り込んで進むから援護頼む」
という名前で呼びあうとよいと思います。

また、10人全員が同じトークルームに入るのではなく、5人攻撃組、5人防衛組という風にチームの中もさらに2つに分割してそれぞれ別のトークルームを設定してもいいという意見も出ました。

 

攻撃側防衛側を決めてタイムアタック制のフラッグ戦

フラッグ戦に若干飽きてきたところでシールズのスタッフの方から新しいゲームの提案がありました。
10対10でフラッグ戦は変わらないのですが、攻撃側と防衛側を1回ずつ交互にプレイして攻撃側が防衛チームのフラッグをあげるまでにかかった時間が早かったチームの勝ちというものです。
追加ルールとして
・制限時間は10分。10分を過ぎたら強制的にゲーム終了。
・攻撃側となったチームはヒットしたら攻撃側のスタート地点へ戻り、ヒットされた人間が2人揃ったら復活できる。防衛側の復活はなし。
・攻撃側はセミオートでしか撃てない。ただし、防衛側はフルオートで打てる。
以上が追加されました。

攻撃側は復活できるので勇猛果敢に進んでいくことが重要です。
防衛側は仲間と連携を取りながら、復活ができないのでいかにヒットしないかを重視してプレイするのがポイントになっています。

このゲームでは特に防衛側のBONXの使用が冴えていました。

「今そっちから敵見える?」
「右のブッシュ(茂み)の方に2人隠れてる」
「そっち(右側)応援に行く」
のように敵の位置の共有をして味方の防衛の層の薄いところに応援に駆けつけたり

「建物の左にいた敵が右に移動したから、その場所にいると撃たれるよ」
「了解。移動します。」
といった視界の共有などとにかく会話の量が多く、「連携して戦ってる感」がすごくて楽しかったです。

 

10人で全員敵のバトルロイヤル

シールズのスタッフの方からさらに新しいゲームの提案があったのでやってみることに。
ゲームの内容は10対10で対戦していたメンバー内でバトルロイヤルです。
ルールは
・最初はスタート地点に全員集合
・ゲーム開始10秒間は発砲禁止
・セミオートのみの使用
・スタート地点にあるフラッグを点灯させた人の勝利
・10人全員がBONXで常に同じトークルームに入って会話をする
・ヒットしても会話に参加してよい
です。
10人の中で最初に同盟を作ってよし、しかし裏切りもあるのでどのタイミングで裏切るのか
ヒットした人も会話に参加できるのでひっそりと隠れて漁夫の利を狙っても観戦台から位置がばれてプレイ中のメンバーに伝えられてしまう
など今までとはかなり違ったゲームを楽しめました!

 

BONX使用Tips

マスクをつけていても大丈夫

画像のように、マスクやゴーグルをつけていても干渉することはありません。

 

ヒットしたらマイクミュートモードに切り替える

ヒットしたらゲーム上では死亡したことになります。
当然「死人に口なし」なのでヒットした後に観戦台の上から敵の位置を味方に伝えるなどしてしまってはゲームが面白くなりません。
なのでヒットしたらすぐマイクミュートモードに設定しましょう。
BONXイヤフォン本体のメインボタンを2秒ほど長押しで切り替えることができます。
もちろん、スマートフォンからも切り替えることができます。
切り替えた場合は音声通知で
「マイクミュートモードへ切り替えました」
と教えられます。
また、一定時間ごとに「ププッ」というクリック音が鳴ります。
トークルーム画面右側のマイクのマークをタップすれば切り替えることができます。
アイコンが


画像のようピンクになっていたら問題なく設定できています。
今回のようにヒットしたらマイクミュートモードへ切り替える、というよう使い方だけではなく、ゲームには参加しないけれども観戦したいという方が常にマイクミュートモードでトークルームに入っていれば実況中継を聞きながら対戦が見れる、という使い方も考えられます。

 

大人数ならトークルームをわける

普通のフラッグ戦で10人全員が同じトークルームに入って会話をすると、攻撃の話なのか防衛の話なのかわかりにくくなってしまうので、前衛5人のトークルーム、後衛5人のトークルームのように必要に応じてグループを分けて作るといいかもしれません。
今回行った攻撃側、防衛側に分かれて行うような場合では全員がトークルームに入っていることが重要だったので、場合によって臨機応変に使い分けるといいと思います。
スマートフォンで操作するのですが、事前にそれぞれのトークルームに入っておけば履歴でもう一つのトークルームに入ることが可能なので、ヒットされて人数が減ってきたら切り替えるなどいろいろと工夫できますね。

 

名前を名乗ってから喋る

人数が増えてくると複数の会話が同時に発生してしまったりして、誰が誰に対して喋っているのかわからなくなってしまいます。
なので
「アルファ(人名)からブラボー(人名)へ、右奥のブッシュから回り込んで進むから援護頼む」
といったように名前を呼び合うことが大事だと思いました。
そのまま名前やニックネームで呼んでもいいですし、上の例のようにコードネームを設定しても楽しいですね。

 

集中したいときはスタンバイモードへ

ブッシュの中に隠れていて、相手の足音が仲間の会話で聞こえない!
というときはスタンバイモードへ切り替えましょう。

スタンバイモードは自分の声も仲間から聞こえてくる音もすべての音量をゼロにするモードです。
BONXイヤフォン本体の音量調節ボタンを2秒ほど長押しすることで切り替えられます。
スマートフォンの画面が

以上のようになっていれば正しく設定できています。
同じ操作でトークルームに復帰することができるので、必要に応じて切り替えてください。

 

サバゲーでBONXを使用した感想・まとめ

 

僕は今回サバゲー初挑戦で最初は銃の撃ち方すらわからなかったのですが、プレイ中でもなにかわからないことがあればすぐBONXで聞けるので安心でした。
ヒットしてやられてしまっても、マイクミュートモードへ切り替えておけば自分の声が相手へ伝わる心配がなく、かつ仲間の会話が聞けるので、ずっとゲームに参加していられる感じでした。

BONXイヤフォンの充電のもち具合的には、トークルームに入っている状態で連続7時間程度使えるので1日問題なく使えるようなイメージでした。
できれば、昼休憩などでスマートフォンと一緒に一度充電できるとより安心です。

お昼に食べられるシールズ特製カレーがめちゃめちゃおいしかったです。

以上のような感じでBONX×サバゲーは最高に楽しめるということがわかりました!

BONXを使用してサバゲーをプレイされる際はぜひ参考にしてください!

 

SNSに「#BONX #夏を遊び尽くせ」をつけて投稿でBONXが無料でレンタルできるかも!?
夏を遊び尽くせキャンペーンを開催しています。
キャンペーンページはこちらから

BONXの購入はこちらから

サバゲーフィールドシールズ

さばなび様でもBONXの紹介をしていただいています!

BONX×Paintballの動画紹介記事はこちらから

 

初の法人向けサービス「BONX for BUSINESS」におけるSIパートナーとしてウェブインパクトと業務提携

2017年9月4日

エクストリームコミュニケーションギアBONX Gripを製造・販売する株式会社BONX(代表取締役:宮坂貴大/本社:東京都世田谷区)は、クラウドサービスプロバイダー(CSP)の株式会社ウェブインパクト(代表取締役:高柳寛樹/本社:東京都千代田区)とBONX初となる法人向けビジネスにおける非独占的なSIパートナーとして業務提携したことを報告いたします。
 
BONXはアウトドアアクティビティ向けのコンシューマー製品「エクストリームコミュニケーションギアBONX Grip」の世界展開を8月に開始しましたが、業務シーンにおける従来のトランシーバーやインカムに対するコスト面や使い勝手への不満は大きく、建築土木や商業施設、店舗、交通など様々な業界からの問い合わせを頂いておりました。そこで、より業務シーンで使いやすいように製品改良を実施し、今回法人向けのサービス「BONX for BUSINESS」を展開するに至りました。

BONXの製品とアプリを展開するにあたり、ウェブインパクトは法人向けサービスにおいての長い経験を活かし、同サービスのカスタマイズやインテグレーション、システムの保守・管理業務をパートナーとして提供することになりました。また、ウェブインパクトが開発した10種類を超える法人向けクラウドサービスの導入先や潜在的なマーケットに対してBONXを提案することで積極的に新たなIoTを利用したSIを提供することを目指します。
 
  
 

ウェブインパクトについて

 
1994年創業、20年以上の経験を持つ老舗インターネット企業。大手ポータルサイト等、極めて大規模でクリティカルな開発を得意とする開発会社である一方、モバイルとウェブを用いた人材管理のクラウドサービス「EZ-Shift」や給与明細配信サービス「WEB給」をはじめ、主に法人向けのクラウドサービスを多数提供しているクラウドサービスプロバイダー(CSP)。早い段階から「ノマド・ワーキング制度」を導入し新しいワークスタイルを積極的に取り入れ、各方面で話題となる。
株式会社ウェブインパクト

今回のリリースのお問い合わせはこちらから。