BONX活動日誌:神立でBONXを使って滑ってきました!

2018年1月31日

こんにちは!
BONXの鎌田です。

本日で1月も終わり、平昌オリンピック開幕まであと9日!
いよいよ目前に迫ってきてますね。

数々の種目でW杯も行われ、シーズン真っ只中。ウィンタースポーツが最も盛り上がる季節になってきました。

オリンピックにスノーボードハーフパイプで日本代表として登場する平野歩夢選手も、先日行われたX GAMES アスペン大会で初優勝をするなど大活躍。

 

大会本番のルーティーンがあがっていますが圧巻の一言。やばすぎます。得点も99点(100点満点中)というまさに圧倒的な滑りを見せつけてオリンピックでの金メダルに王手をかけています。

また、同じくX GAMESのビッグエアでは角野友基選手が世界中のコンテスト史上初めて、BSクワッドコーク1980を繰り出し、銅メダルを獲得しました。完全なクリーンではなく両手を付いてしまいましたが、次こそ必ずや成功させて優勝してくれるでしょう。

 

さて、今回のメルマガはそんなシーズン真っ只中にぴったりのレポートです。

 

神立高原スキー場でもBONXバッチリ使えます!

1月14日に楢崎、西居と僕の三人で新潟県は神立高原スキー場にて滑ってきました!

早朝には雪が降っており天気はあまり良くなかったのですが、徐々に雪も止み絶好のコンディションに!朝一はパウダーも楽しめましたよ〜。

パークでも今の時期から大き目のキッカーが飛べて調子良いです!

 

携帯の電波状況も万全で、快適なBONXでのコミュニケーションも楽しめます。ゲレンデ全域でしっかり電波が入るので、はぐれちゃった時も安心です。

「リフト降りて右のほうのツリーラン行ってみない?」

「了解!」

なんて風にリフトを降りた先でどっちのコースを滑るかを話せるのも、一見目立たないのですがとっても便利。

 

「楢崎さんのキレキレのグラトリが見たいっす!」

「よし!」

「「あ」」

「イェーーーイ!!笑」

笑いも歓声も共有しながら楽しめるのがBONXの本当にいいところだと思います。このあと僕もしっかり新雪に埋まって雪まみれになりました。

 

教える時にもBONXは活躍!

写真は楢崎の姿勢の矯正をする西居。楢崎は今回がシーズンインだったので、調子を確かめながら滑ります。

滑りながらコミュニケーションが取れるBONX。アドバイスも滑りながら伝えられるので、教わる側は随時調整しながら滑る事が出来ます。

「もうちょい後ろ足に体重乗せたほうがカービングしやすいですよ!」

「こう?」

「いい感じです!」

こんな風にリアルタイムに指摘できるし、上手くいってたら褒められる。教える側としては近くに寄ったり大きな声を出さなくて済みますし、毎回コメントをする際に止まらなくて良いという点も大きですね。

教わる側としても、滑りながら指摘を受けて随時調整が出来たり、上手く出来ている時を教えてもらえたら感覚が掴みやいです。

褒められるのも嬉しいんですよね。

 

さいごに

今回のメルマガは、神立高原スキー場でBONXを使って滑ってきたレポートでした!電波もバッチリなので、神立で滑る際には是非BONXを持っていってくださいね。

 

遊びを、遊び尽くせ。
GO MAKE NOISE

BONX